生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっ!みーつけたっ!!
あっ!みーつけたっ!! あっ!みーつけたっ!!あっ!みーつけたっ!!
(2015/2/27 )
くすのき しげのり、大島 妙子
光村教育図書
商品詳細を見るあっ!みーつけたっ!!

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「あっ!みーつけたっ!!」
がっこうからの かえりみち、
ぼくは、ものすごいものを みつけた。
(この いし、ライオンみたいや)
「そうや、ええこと かんがえた!」

出版社より 対象年齢 小学校低学年から

石を集める理由を知ってびっくり。思わぬ方向に物語が進んだので裏切られた気持ち(笑)。家族の絆と愛情が伝わる心あたたまる絵本でした。
スポンサーサイト
たからものはなあに?
たからものはなあに?たからものはなあに?
(2009/06)
あいだ ひさ、高林 麻里
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「いちばんだいじな たからものを もってきてね。
あした おえかき しましょう。」
そらぐみの せんせいが いった。

出版社より 対象年齢 3・4才から

養子を迎えた作者の実体験をもとに書かれたそうです。養子を迎えるための研修や面接などいろいろな準備の過程がわかります。

養子にきた子どもには包み隠さず「赤ちゃんの家から来た」と伝えます。迎える側の気持ちや、あふれんばかりの愛情が綿密に描かれていて胸が熱くなりました。娘(当時小6)も世の中にはいろいろな形の家族があることがわかったと思います。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ぼくんちどうぶつえん
ぼくんちどうぶつえん ぼくんちどうぶつえん
正道 かほる、大島 妙子 (1997/10)
童心社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくは、しょうた。
おとこのこ。
でもね、ほんとは・・・

「よい絵本」選定。ほるぷ配本で「めだかコース」(乳児期)に入っている絵本です。出版社は3歳~小学校1・2年生向きとしています。

心がパッー!と明るくなる絵本です。家族の特徴をよくとらえ、動物にたとえる着眼点に感服しました。絵が底抜けに愉快であたたかく、ユーモアがあります。読んだ後は、本当にさわやかな気分にしてくれます。子どもたちは、絵のすみずみまでよく観察し、いろいろ感想を述べておりました。

最後はお決まりの...「うちのお母さんはゾウ。ドスンドスン歩く。」だって。ゾウって、アンタ。的を得た発言だけに、言い返す言葉がない...(笑)。

おかあさんおかあさんおかあさん…こちらもおすすめ

おかあさんおかあさん
おかあさん…


同じ作家大島妙子さんの
人気の絵本です


検索キーワード: 家族 ユーモア絵本 しょうた(主人公の男の子の名前)あかね(妹の名前)
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。