生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おばあちゃんのおせち
おばあちゃんのおせちおばあちゃんのおせち
(2008/12)
野村 たかあき
佼成出版社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
としの くれ。
あと四かで、ことしも おわりです。
おばあちゃんと、
おせちの ざいりょうを かいに、
しょうてんがいへ いきました。

出版社より 対象年齢 5歳から

娘(当時小1)が「今日は学校でお正月料理を食べた!」と教えてくれました(1月中旬)。お正月の献立として、ごまめ、くりきんとん、お雑煮などをいただいたそうです。「ごまめがおいしくなかった!」とひつこく言っていたので、よっぽどイヤだったのでしょう(笑)。

タイミングよく、この絵本を読み聞かせていたところでした。おせち料理は漢字で御節料理と書いて、季節の節目に神様にお供えするお料理のことです。今は正月の料理だけをおせち料理と呼んでいるそうです。

主人公のきりちゃん(きりか)は、おばあちゃんと商店街で買い出しをしたあと、料理の手順を教わり、おせち作りのお手伝いをします。家族で迎える昔ながらのお正月の楽しさやあたたかさ、家族の絆が伝わってくる良い絵本でした。

温もりのある版画も味わいがあって素敵です。巻末には、料理研究家による、おせち料理の由来の解説付き。大人も勉強になる内容で、さらに知識が増えました。子どもに日本の食文化が伝わる良書です。

検索キーワード: お正月 おせち料理 きりちゃん きりか こうた(弟の名前) 
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
おもちのきもち
おもちのきもちおもちのきもち
(2005/12)
かがくい ひろし
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
たごさくさんちの おもちつきです。
ペッタン ペッタン、ペッタン ペッタン、
きが つくと、 わたくし なんども
あたまを たたかれて おりました。

第27回講談社絵本新人賞受賞作品

お正月にぴったり。おもちは杵でたたかれ棒で伸ばされちぎられ、大変なんです!そして、傑作な結末へ!ユーモアたっぷりで、愉快で楽しく、何度も読みたくなります。

検索キーワード: お正月の絵本
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ばばばあちゃんのおもちつき
ばばばあちゃんのおもちつき ばばばあちゃんのおもちつき
佐々木 志乃、さとう わきこ
(1998/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
「こんな さむい ひは、ストーブの まえで 
おいしいもの たべて、
ほんを よんでいるのが いちばんだよ。
さあて、ちょうど いいぐあいに おもちが ふくれてきた」
「ばばばあちゃん、さむいよう。ブルブルルル」
「ゆきがっせんで、おなかが へったよう」

かがくのとも傑作集。おもちレシピが満載です!ほんとに、親子でゆっくりとおもちでも作ってみたいですねえ~。子どもたち、喜ぶだろうなあ~☆ さすがばばばあちゃん絵本。おもちにポテトチップスを混ぜたり、マーブルチョコをのせたり、奇想天外なアイデアです。

ただ、出来上がりの食卓がちょっとさみしいのが気になりました。「ばばばあちゃんのアイス・パーティー」のように派手な仕上がりを想像していたら、けっこう地味でした~。和の世界ですね~。

ばばばあちゃんのアイス・パーティーこちらもおすすめ

ばばばあちゃんのアイス・パーティー

季節はずれだけれど...
大好きな作品です


検索キーワード: お正月 もち おもち ばばばあちゃん かがくのとも傑作集
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
十二支のはじまり
十二支のはじまり 十二支のはじまり
(てのひらむかしばなし)

長谷川 摂子、山口 マオ
(2004/11)
岩波書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかしむかしの そのまた むかし、
かみさまが どうぶつを
こしらえたばかりのころ。

出版社より 対象年齢 3、4歳から

めっきらもっきらどおんどん」や「きょだいな きょだいな」の長谷川摂子さんと個性豊かな人気画家(山口マオさん、荒井良二さん、はたこうしろうさんなど)とのコラボが実現した「てのひらむかしばなし」シリーズてのひらむかしばなし。ひざのうえで手軽に広げられる大きさ(14.6×18.6cm)が人気です。文章はリズミカルで読みやすく、長くありません。出版社は3、4才~としています。

十二支のはじまり」はお正月に読みたい絵本。山口マオさんの線の太い版画がとてもいい。ね、うし、とら うさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししの順番がお話仕立てになっています。ねこが入らなかったわけが面白い。そして、続くオチが最高!

検索キーワード: お正月 十二支 日本昔話 昔話セット
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。