生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
滝のむこうの国
滝のむこうの国 (今昔物語絵本)滝のむこうの国
(2012/02/02)
ほりかわ りまこ
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
今は昔、今日の都にすんでいた権大納言のお話です。
権大納言というのは国のだいじな仕事をする人ですが、
この権大納言は、くいしんぼうで、おひとよしで、
それにすこしおっちょこちょいでもありました。
きょうは、ともだちの別荘にいくところです。
とものものたちと山のなかをあるいていると、
木立のあいだから小鹿がはねてきました。
「おお、なんとかわいらしい!」
しかし、そのむこうからは、
弓に矢をつがえた猟師がおいかけてきています。

出版社より 対象年齢 小学1・2年生から

平安時代末期に成立したとされている説話集『今昔物語集』をもとにした絵本。『今昔物語絵本シリーズ今昔物語絵本』の第3弾。不思議な雰囲気の表紙に誘われて手に取りました。ひきこまれるように不思議な物語の世界に浸りました。やってはいけないと言われたことを破るとこうなるという戒めに恩返し。読みごたえがあり、小5(当時)の娘とともに気に入りました。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
はなたれこぞうさま
はなたれこぞうさまはなたれこぞうさま
(2000/07)
川崎 大治、太田 大八
童話館出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかし むかし。
ある村にナ。
花を つくっては、
とおい町まで
売りにいく、
おとこがおったト。

童話館大きいさくらんぼコース(およそ6~7歳)配本

おなじみの昔話。いろいろな画家が絵を描いていますが、私はこの太田大八さんの品良く美しい絵が一番好きです。

たくさん絵本を読み聞かせしていますと、目が肥えてきます。いくら人気のある絵本でも、見るに耐えない画風の絵本は趣味に合わず、読む気すらしません。

その点、太田大八さんの絵はいつ見ても味わい深く素晴らしい。世代を超えてずっと大事にしたい絵本です。

内容は教訓的でありますが、『はなたれこぞうさま』の風貌や所作がおかしくて、子どもたちに受けました。

検索キーワード: 日本昔話
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
子どもとよむ日本の昔ばなし 第3期全6巻(化粧箱セット)
子どもとよむ日本の昔ばなし 第3期全6巻(化粧箱セット)
(2008/01)
小澤 俊夫、北川 喜美子 他
くもん出版
商品詳細を見る

アマゾンで検索

2008年1月に新しく6冊が出版され、「子どもとよむ日本の昔ばなし」全30巻が完結しました。昔話研究の第一人者、小澤俊夫氏の再話・監修による絵本です。

ストーリーは長すぎず短すぎず、わかりやすくシンプルな語り口で、園児が楽しむのにぴったり。絵も丁寧で品があります。

とりわけ「へびの子しどこ 」が親子で気に入りました。白へびですが、何とも愛らしくて、おじいさんとおばあさんのいつくしむ姿に心を打たれました。

【最初のぺージ】
むかし、あるところに、じいさんとばあさんがいました。
ふたりには子どもがいなかったので、
さびしくくらしていました。

へびの子しどこ 天女のはごろも
かめとからすとはちのおんがえし かっぱのいちもんせん
かにじょうまんの星 やまなしとり

検索キーワード: 日本昔話 昔ばなし 子どもとよむ日本の昔ばなし
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
かえるをのんだととさん
かえるをのんだととさんかえるをのんだととさん
(2008/01)
日野 十成
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかし あるところに、なかのいい
ととさんと かかさんが すんでおったと。
あるひ ととさんの はらが いたくなったんだって。
そこで かかさんに いった。
「かかさん かかさん、はらが いたくて
たまらん。どうしたら いいかのう」
「ととさん ととさん、おてらの
おしょうさまに きいてみなさると いい」
かかさんに そう いわれてな、
ととさんは おてらに でかけていったと。

月刊こどものとも(2004年1月発行)のハードカバー化。くり返しの語り口が楽しい昔話です。「えっ!?」なんて驚きながら次の展開を予想して楽しみました。子どもたちも「おもしろい!」と言い、飽きずに何日も続けてお話を聞きました。絵もユニークで新鮮です。鬼が出てきますので、節分にもぴったりだと思います。

検索キーワード: 日本昔話 節分 鬼
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
やまなしもぎ
やまなしもぎやまなしもぎ
(1977/01)
平野 直
太田 大八

商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかし、あるところに、おかあさんと
三にんの きょうだいが すんでいました。
おかあさんは、からだのぐあいが わるくて
ねていましたが、あるひ きょうだいを よんで、
「おくやまの やまなしが たべたいな」
と いいました。
それを きくと、一ばんめの たろうが、
「かあちゃ、おらが やまなしもぎに いってくるせ」
と いって、でかけていきました。

出版社より 対象年齢 4才から

昔話の傑作絵本です!お話がおもしろくて、こわい。くり返しの楽しさと推理する楽しみ。お話の世界に引きこまれます。何度も何度も読んでやりたくなる絵本でした。

画家の太田大八さんの絵は地味ではありますが、美しい。目の保養になります。

「人の話をちゃんと聞くこと」「素直な心を持つこと」 きっと子どもたちは、この絵本から無意識に感じ取ってくれたことでしょう。

みるなのくらこちらもおすすめ

みるなのくら

日本の原風景がここにあります。絵が美しい昔話絵本です。


検索キーワード: 日本昔話 冒険ストーリー 太田大八
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
てのひらむかしばなし
十二支のはじまり 十二支のはじまり
(てのひらむかしばなし)

山口 マオ
長谷川 摂子
(2004/11)
岩波書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかしむかしの そのまた むかし、
かみさまが どうぶつを
こしらえたばかりのころ。

めっきらもっきらどおんどん」や「きょだいな きょだいな」の長谷川摂子さんと個性豊かな人気画家(山口マオさん、荒井良二さん、はたこうしろうさんなど)とのコラボが実現。文章はリズミカルで読みやすく、長くありません。出版社は3、4才~としています。

てのひらむかしばなしシリーズは10巻。ひざのうえで手軽に広げられる大きさ(14.6×18.6cm)が人気です。てのひらむかしばなし10巻セットもあります。

ももたろう かちかちやま 
したきりすずめ うろこだま 
へっこきあねさ つるのおんがえし
さばうりどん 十二支のはじまり
だんだんのみ やまんばとがら

検索キーワード: 日本昔話 昔話セット 長谷川摂子
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
だごだご ころころ
だごだご ころころ だごだご ころころ
石黒 ナミ子、梶山 俊夫
(1993/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかし むかし あるところに、
きのいい じいさんと ばあさんが おったと。

出版社より 対象年齢:3才から

いくら話題の絵本でも、読み聞かせるとがっかりということは多々あります。ところが、見た目は地味な絵本でも、読んでみて「おもしろーい!!」と歓喜する絵本もたまにあります。この地味な日本昔話は、まさにわが家で大ヒットした作品でした!

ハラハラドキドキするんです。次はどうなるのか、ページをめくる楽しさがあります。「あ~、もうだめだ!!」と思った瞬間...(読んでみてくださいね)。鬼がとても迫力があって、いいですね。昔から伝わる日本の色彩(朱色、あさぎ色、山吹色など)も味わいたいです。

22の色こちらもおすすめ

22の色

日本の伝統色が
22色紹介されています


検索キーワード: 日本昔話 鬼 おに オニ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
だいこんどのむかし
だいこんどのむかし だいこんどのむかし
渡辺 節子、二俣 英五郎
(1984/01)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
とんとん むかし ある むらで、かぶやら
なんやら うんと まいたんだって。

息子(当時小1)の国語の教科書に、「一年生の本棚」として、紹介されていました。この民話には教訓があります。娘は「だいこん、どこへ行ったんだろー」と悲しそうな顔をしていましたが、感じてくれたかな、「感謝の心」。でも、その境地に至るには、かなりの人生修行が要るかもね~。だいこんがしゃべったり、泣いたりするところがおもしろいです。表情もついています。ラストは余韻(ジ~~~ン)を大事にしたいですね。

検索キーワード: 日本昔話
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
子どもとよむ日本の昔ばなし 第1期 (全12巻)
本好きな子どもに育てる第一歩はなんだと思われますか?
齋藤孝の相手を伸ばす!教え力に答えがありました。

まず、本がある生活にする。
 図書館などで借りてきた本ではなくて、
 それに関してはある程度のお金をかける。
 投資するということが必要ではないかと
 思うのです。


公文より、2005年11月に日本昔ばなし絵本が発売されました。まさに、投資すべき絵本だと思います。『子どもの本フェスティバル』(2005年大阪)で展示販売されていたのを見つけました。

私は一流のものには目がないものですから、鼻がくんくんなったわけですよ。吸い寄せられるように手にとって、みてみると、これがいい!!もう、ひとめぼれです。

かわいいサイズの箱に並べて12巻納められていて、絵もきれいで、文章がみじかい!!一流のスタッフが集められてつくられたというのです。

子どもとよむ日本の昔ばなし 子どもとよむ日本の昔ばなし 12巻セット
(2005/10/29)
くもん出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索
くもんのこどものたから箱で検索

シンデレラの件で、あせった私。てっきり保育所で、この手の本は読み聞かせしてもらっていると信じ込んでいました。子どもたち(当時年長と年少)は、シンデレラも白雪姫も何もしらなかったのです!!

日本の昔ばなしもそう。前から読み聞かせに良い昔話をさがしていたのですが、文章が長すぎたり、絵がアニメちっくか抽象的すぎだったりして、困っていたのです。

「お父さんとお母さんの読みきかせ教室」で、JPIC読書アドバイザーの安富ゆかりさんもおっしゃっていました。親がとりあげてやらないと、子どもは知らずに育つって。

試しに、日本昔ばなしのパンフレットを見せて、聞いてみました。「どれ知ってる?」子どもは、12巻のうち2巻だけ知っている、と言いました。「かさじぞう」と「ねずみのすもう」です。「かさじぞう」は、保育所でよんでもらったそう。「ねずみのすもう」は、私が図書館で借りてきて読んでやったものです。

他は知らないっていうんです。「いっすんぼうし」も「したきりすずめ」も「さるかにかっせん」も知らないって。
う~~~~~~~~ (@_@;)。

なんとか就学前に、読んでやりたいと思いました。右脳が優先の間に読んでやりたい。幼児体験は、脳の深いところにきざまれ、この時期にくり返し触れたものは一生忘れないと言われています。一流の文章・イラストは一流の感性を育てます。

この絵本は、主に小学1年生で習う漢字だけ使用されているとのこと。入学準備にもいいと思いました。文章の長さから、年少さんくらいから充分読み聞かせできると思います。

えっ!? 私!?
もちろん、購入しましたよ(涙)。

かさじぞう いっすんぼうし
花さかじい おむすびまてまて
かにかにではれ したきりすずめ
こぶとりじい えんまさまのしっぱい
三まいのおふだ へっこきよめさん
さるかにかっせん ねずみのすもう

検索キーワード: 日本昔話
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
子どもとよむ日本の昔ばなし 第2期(全12巻)
子どもとよむ日本の昔ばなし 子どもとよむ日本の昔ばなし 第2期(全12巻) (2)
(2006/11)
くもん出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索
くもんのこどものたから箱で検索

2006年11月に、「子どもとよむ日本の昔ばなし 全12巻(化粧箱セット)」(くもん出版)の第2弾が発売されました。

幼い子どもにも理解しやすいコンパクトなストーリー展開と、抽象的すぎず、かと言って漫画ちっくでもない、品のある絵が大変魅力的です。

やっと3ヶ月ほどかけて、全12巻読み聞かせ終わりました。いつものように1冊を約1週間続けて読み聞かせしました。子どもたちが乳児のころは、同じ本を1ヶ月続けて読み聞かせするのが常でした(七田式)。それがいつの間にか2週間になり、今では正直、1週間続けるのが精一杯です。

子どもは生来くり返しが「大好き」で「得意」です。大人はさっさと飽きてしまいますが、子どもにとっては、飽きるどころか、くり返しが重なるたびにお話の内容を正確につかみ、次にどうなるかを予想することができ、その予想する楽しみさえ持つようになるのですね。

この昔話絵本は、そんなに長いお話ではないので、年少くらいからでも楽しめると思います。小学校低学年は、もっと楽しめると思います。

子どもが気に入った絵本をランキングにしました。
恒例の? わが家のおすすめランキング!♪
いきまーす!

 
ねずみのむこさがし ねずみのむこさがし
おざわ としお、おぼ まこと
(2006/11)
くもん出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかし、ふるい家に、
とうさんねずみと
かあさんねずみと
むすめのねずみが
すんでいました。

次はどうなるのか、ワクワクするストーリー展開が気に入ったようです。結局行きついたところは...結末に笑っちゃいました。


はなたかおうぎ はなたかおうぎ
おざわ としお、かとう こうぎ
(2006/11)
くもん出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
昔むかし、あるぬまのそばに、
大きな一本杉がありました。
ある日、きこりが、
その一本杉を
きろうとすると、
「この木きるな。この木きるな」
という声がしました。

鼻がビィヨ~~~~~ンと伸びるところがおもしろい。そして、思いもよらず、天に伸びた先に災難が...結末の意味は、「なんでこうなるの!!!???」でしたが、これも語り継がれてきた昔話ということで...お話に教訓があります。

 
うらしまたろう うらしまたろう
おざわ としお、まみや ふみこ
(2006/11)
くもん出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
昔むかし、ある海べの村に、
うらしまたろうという若者がいました。
たろうは、海でさかなをとって
くらしていました。

定番の昔話ですね。玉手箱を開けた瞬間に、娘は毎日口を大きく開けて驚いていました。


ももたろう しりなりべら
うりひめこ ぶんぶくちゃがま
たにしむすこ ねずみのむこさがし
ぴぴんぴよどり わらしべ三本
がまとうさぎのもちあらそい おやゆびたろう
はなたかおうぎ うらしまたろう

検索キーワード: 日本昔話
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。