生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
おにぎりがしま
おにぎりがしまおにぎりがしま
(2012/06)
やぎ たみこ
ブロンズ新社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
むかしむかしの おはなしです。
ひとりぼっちの こたろうが
おなかをすかせ あるいていると……

「鬼が島」をもじって「おにぎりがしま」? あっという間におにぎりが出来上がる過程に度肝を抜かれ、いろいろな具が作り出される場面に驚き...あんなのがいる!こんなのもいる!見つけるのにワクワク。

発想がとても豊かな絵本で、非常に楽しめました。いろいろな種類のおにぎりに娘(当時小5)はプッと吹き出していました。
リンク先で中身が見れます
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
あかたろうの1.2.3の3.4.5
あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1)あかたろうの1.2.3の3.4.5
(2000)
北山 葉子
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
あかおにの あかたろうくんが
そとから かえって くると、
「あれっ?」
おかあさんが いない。

出版社より 対象年齢 3・4歳から

おにのこあかたろう」シリーズの第1巻。2、3歳の幼いお子さんが喜びそうな絵本です。当時小学生の息子でしたが、最初のお母さんを探す場面に「ドキドキした!!」と心震わせていました。自分の体験から共感する部分があったのでしょうね。次はどうなるんだろうと早くページをめくりたくなる良い絵本でした。童話館の配本にも入っています。

検索キーワード: 鬼 電話 留守番
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ソメコとオニ
ソメコとオニソメコとオニ
(1987/07)
斎藤 隆介、滝平 二郎
岩崎書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ソメコは 五つだ。
ソメコは まいにち タイクツしていた。
おとなたちは、なんてつまらない まいにちを
おくっているんだろう。
ソメコのように、いっしょうけんめいに
あそんだり、生きたりしているものは、だれもいない。
ソメコが、すこし おもしろくなって、
すこし むちゅうになると、
おとなたちは、もうへいこうして、
「ソメコ、あっちゃ行って あそべ。
いい子だからナ。」
っていって、行ってしまう。
お父ウも、おっ母ァも、兄ちゃんも、
姉ちゃんもそうだ。

出版社より 対象年齢 小学校低学年向き

小学3年生の国語の教科書(教育出版)教材

表紙は真っ黒な背景がおどろおどろしく、タイトルの「ソメコとオニ」の文字もトゲトゲしく、気味が悪い。文章も長そう~、と絵本を読みすすむうちに...「ガハハ!」と大爆笑!意外な結末に腰を抜かしました!

子どもたちも「おもしろい!」。次にどうなるのか、お話の展開にハラハラします。オニの「岩屋」もすごくよくイメージできて、いいですね。「岩屋ってこんなところなんだー。」と妙に納得。「おまえ、オニなら オニゴッコしよう!」のセリフにはクスッと笑ってしまいます。文章は長くありません。

こちらもおすすめ

花さき山

ちょっぴり泣きたくなるお話です
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
めっきらもっきらどおんどん
めっきらもっきらどおんどん めっきらもっきらどおんどん
長谷川 摂子、ふりや なな
(1990/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
あそぶ ともだちが だれも いない。
みんな どこへ いったのかな?

娘が年中の運動会でこの絵本をテーマに、「もんもんびゃっこ」なわとびをしたり、「おたからまんちん」のお宝(フープ)交換をしたりしました。しばらくはどっぷり絵本の世界に浸っていえたようで、しょっちゅう「めっきらもっきらどおんどん」とつぶやいていました。

絵本を横にしたり縦にしたりとダイナミックに広がる不思議な妖怪の世界。息子(当時年長)も娘も大好きな一冊になりました。

検索キーワード: おばけ 妖怪
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
まゆとおに
まゆとおに まゆとおに
富安 陽子、降矢 なな
(2004/03)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
きたの おやまの てっぺんの
さんぼんすぎのしたに、
ちいさな いえがありました。
そのいえには、
のっぽのやまんばと
やまんばの むすめの まゆが
すんでいました。

こどものとも傑作集です。「こどものとも」は、年長が対象年齢。それだけに?5歳(当時)の娘の大のお気に入り絵本になりました!!

読んでいるうちに、お話の中にぐんぐん引き込まれていきます。お話がおもしろいんです!痛快ストーリー。最後は心があったかくなれます。私自身、読み聞かせしていても、楽しかったです。絵も素晴らしい。こわいけど、何とも愛嬌のある鬼。表情が豊かで、飽きさせません。脇役のきつねもいい味出してる~。笑えます。きつね探しごっこで燃えました。

検索キーワード: 鬼 おに オニ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
こんたのおつかい
こんたのおつかい こんたのおつかい
田中 友佳子 (2004/04/21)
徳間書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
こんた、 やまの むこうの おとうふやさんまで、おつかいに
いってきてちょうだい。 こんやは おいなりさんにするから、
おあげを かってきてね。はい、おかね。

てんぐ、おに、おばけ(からかさおばけ、ろくろっくび、のっぺらぼう等)次々に出てきますが、とにかく絵が美しい。こんな美しいおばけの絵は初めて!ぺージをめくる驚きがいっぱいの楽しい絵本。表紙のこんたの絵を見つめながら、いつもクスッと笑ってしまいます。これから起こる出来事と表情が好対象なので。

検索キーワード: 鬼 おに オニ てんぐ 天狗 おばけ ユーモア
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌