生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひにとびこんだうさぎ
ひに とびこんだ うさぎ: インドの昔話ひにとびこんだうさぎ
(2013/04/08)
西本 鶏介、よしざわ けいこ
鈴木出版
商品詳細を見る>

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
むかし、ある もりの なかに てんの かみさまの
おしえを しっかりと まもっている うさぎが いました。
うさぎの ともだちは、さると やまいぬと かわうそ。
よんひきは いつも なかよく くらしていました。
あるひ、うさぎが、いいました。
「あしたは、よいことを する たいせつな ひだ。
たべものが なくて こまっている ひとには、
じぶんの たべものを あげなくては いけないよ」
「きっと そうするよ」
さるも やまいぬも かわうそも いいました。

出版社より 対象年齢 4~5歳児

インドの昔話。自己犠牲について考えさせられる教訓的なお話でした。約束を守ることについても教えられます。絵がとてもきれいで引きこまれました。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ひさの星
ひさの星ひさの星
(1972/01)
斎藤隆介、岩崎ちひろ
岩崎書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかし、秋田の きたのはずれ、
かづの というところに、ひさという
おなごのわらしが おってなあ。
そう、としは 十だったべか、
十一だったべか―。
このひさは、なんにも しゃべらん
むくちな おなごわらしであったが、
みんなで だれかのいえサ あそびにいくと、
いちばんあとから、あがってきて、
そっと うしろに すわるような
わらしであった。

全国学校図書館協議会選定「よい絵本」
出版社より 対象年齢 小学校低学年向き

消え入るような存在のひさは、この世に送り込まれた天使だったのでしょうか。ピュアで優しい心の持ち主ひさは自己を犠牲にして人の命を助けます。上質紙に描かれたいわさきちひろさんの幻想的な絵が、はかなくも美しい主人公の人生とだぶります。

心にジワーッとしみ入るお話でした。くり返しくり返し読んで味わいたい絵本(文章は長くありません)。斎藤隆介さんのあとがきは、いつも食い入るように読んでしまいます。いや、これを読まないとなんだか辛すぎて...

検索キーワード: 真の愛 自己犠牲 やさしさ 優しさ 勇気 悲しい絵本 よい絵本
 
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
花さき山
花さき山
(1969/01)
斎藤 隆介、滝平二郎

商品詳細を見る


楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おどろくんでない。
おらは この山に ひとりで すんでいる
ばばだ。山ンばと いうものも おる。
山ンばは、わるさを すると いうものも
おるが、それは うそだ。
おらは なんにも しない。
おくびょうな やつが、山ンなかで
しらがの おらを みて かってに
あわてる。
そしては べんとうを わすれたり、
あわてて 谷さ おちたり、
それが みんな おらの せいになる。

講談社第一回出版文化賞
第九回モービル児童文化賞

出版社より 対象年齢: 小学校低学年向け

edu (エデュー) 2007年 12月号」で、歌人の俵万智さんが「泣いた本」として推薦されていました。世代を超えて読み継がれる名作です。

とても美しい版画の絵です。美しい花々の色彩に感動しました。

実は、独特の画風のため、手に取ることをためらっていました。読み聞かせしてみると...文章は思ったより長くないし、心に残る名作だと思わずにはいられませんでした。

最初の山ンばの姿がこわいけれど(ほんと、こわい!)それを乗り越えてまで読み聞かせしたい作品です。人がやさしいことをすると山に花が咲くというお話。弟に母親のおっぱいをとられて、目にいっぱいなみだをためて耐える兄。祭り着を妹のために我慢する主人公のあや。教訓的なお話ではあるけれど、もの悲しいお話。泣きたくなってきます。

なお、麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書「小学生のための読解力をつける魔法の本棚」のなかで、「小学生のうちにぜひ読んでおきたい170冊」の一冊(低・中学年向け)として推薦されています。「自分のやりたいこと、食べたいものを、きょうだいのために我慢する少女の思いが、美しい花を咲かせます。ゆっくり読んで、子どもにいろいろ考えさせてあげるといいですね。」

小学生のための読解力をつける魔法の本棚

また、『一生、読書好きになる本の選び方』でも「誰もが持っている心の芽を育てる、心に残る絵本です」と紹介されていました。

最新版・一生、読書好きになる本の選び方 (学研ムック)
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
かたあしだちょうのエルフ
かたあしだちょうのエルフ かたあしだちょうのエルフ
おのき がく (1970/01)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
はげしかった 雨の きせつが
すぎると、くさはらの とりや、
けものたちは いっせいに げんきを
とりもどしはじめました。

くさや 木のめが ぐんぐん
のびていきます。

のはらいちめん 赤や きいろの 
花が さきます。みがなります。
たねが おちます。どうぶつたちの
ごちそうは そこらじゅうに
あふれています。

おひさまが しずむまで、
かもしかも しむまも、だちょうも
そして とかげたちまで、みんな
たのしくて たまらないのです。

1971年 課題図書 <小学校>
全国学校図書館協議会選定「よい絵本」

アフリカの草原の中央に立っていたバオバブの大樹と雲だけの単調な風景から一瞬にイメージして作られたという名作。小学生向きだと言われています。

大変読みごたえのあるお話でした。容赦ない弱肉強食の現実。エルフの強さ、勇気、自己犠牲心。黒とクリーム色が基調の美しい版画。ただし、ライオンとくろひょうの絵には大変迫力があるので、小さなお子さんはこわがってしまうかもしれません。

作者の「思い入れ」や「魂」がこれほど読者に伝わってくる絵本も珍しいでしょう。「あとがき」は、作者の手書きです。非常にインパクトがありました。

一生、読書好きになる本の選び方』で良書として紹介されていました。

最新版・一生、読書好きになる本の選び方 (学研ムック)

サーカスのライオンこちらもおすすめ

サーカスのライオン

小学3年生の教科書に載っている絵本。自己犠牲や真の愛を感じます。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。