生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おすしのさかな
おすしのさかな (しぜんにタッチ!)おすしのさかな
(しぜんにタッチ!)

(2010/05)
川澄 健
ひさかたチャイルド
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おいしそうな おすし。
おすしは なにから できている?
ごはんと のりと、それからね……

いろいろな魚介類がお寿司になるまでを水中写真と寿司作りの実写で子どもたちにわかりやすく紹介した本。おいしいまぐろが海の中で泳いでいる姿を見て、またその大きさ(くろまぐろで2~3メートル)に目を丸くしていました。知的好奇心を刺激する良い科学絵本です。

検索キーワード: 食育 写真絵本
スポンサーサイト
いわしくん
いわしくんいわしくん
(1993/11)
菅原 たくや
文化出版局
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくは いわし。
日本の 海で うまれた。

出版社より 対象年齢 幼児・児童

人間に食べられて、一生を終えるいわしくん。いただく命。食物連鎖。食育に役立つ絵本です。

力強い線。添えられた短い言葉の力。切ないけれど、読み終わった後の清涼感はいったい何なのでしょう!

しかしながら、娘(当時小2)は、あっという間に読み終わった絵本に「短い~~~!」と不満たらたら。途中で「???」のような顔をしていましたが、繰り返す読むうちに、絵本からのメッセージを受け取ってくれたと思います。

検索キーワード: 食育 食物連鎖 命
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
たっくんごはん
たっくんごはんたっくんごはん
(2005/03)
中川 ひろたか、石倉 ヒロユキ
文溪堂
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
たっくんは
なんでもたべる げんきなこ。
きょうのごはんは
なーにかな?

にんじん、ピーマン、牛乳、魚、肉。もしかしたらこの絵本を読んで好き嫌いがなくなるかな?食事って楽しいよね。楽しく食べようね。そんな作者のメッセージが伝わってくるようでした。

語呂がリズミカルで読んでいて楽しいし、絵や色彩が上品で何度も読みたくなります。誰と食べる?どのエプロンにする?等選ぶのが楽しいです。最初はたっくんが何を選ぶか、当てっこで盛り上がりました。

次の日は、「自分ならどれを選ぶ?」と質問。ちょっとつっこんで「どうしてそれを選んだの?」と聞くといいですね。論理的な思考や表現力が身につきますし、なにより子どもの発想はおもしろくて聞くのが楽しいです。

赤ちゃん絵本(おそらくそう思われます)をおそるおそる小学生(当時小3と小1)の子どもたちに読み聞かせしました「おもしろい!」と言ってくれてホッと胸をなでおろす母でした。

検索キーワード: 食育 しつけ絵本 好き嫌いをなくす
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
いただきまーす!
いただきまーす! いただきまーす!
二宮 由紀子、荒井 良二
(2003/12)
解放出版社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おいしそう―っ!

今ブームの食育の絵本!「命をいただく」意味が、語りかけるようなシンプルな言葉と、荒井良二さんのユーモアあふれる絵で、幼い子にもわかりやすく伝わります。

お皿の上に、牛がのっている絵を見て、「うわ~っ!」と驚いていました(おまけに頭の上に目玉焼き)。

最後のぺージに、もう一度「いただきまーす!」の場面が出てくるのがニクイ。二回目の「いただきまーす!」の意味は、万感を込めて...といったところでしょうか。なんともメッセージ性のある絵本です。

わたしのねこちゃんこちらもおすすめ

わたしのねこちゃん

同じ荒井良二さんのイラスト。子どもたちが2、3歳のころ大好きだった思い出の絵本です。


検索キーワード: たべもの 食べ物 命 食育 食物連鎖 荒井良二 二宮由紀子
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。