生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだちやさいのがっこう
とまとちゃんのたびだち
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち
(2016/6/3)
なかや みわ
白泉社
商品詳細を見るやさいのがっこう とまとちゃんのたびだち

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
とまとちゃんは、
おいしい やさいに なるために
やさいの がっこうに かよっています。

おいしい野菜になって野菜の学校を巣立っていく野菜たちのお話。お互いを思い合うばかりにトラブルになったり、けんかをして仲直りをしたり、それでも励まし合って健気に生きる野菜たちの姿に感動しました。ただひたすら我慢をして時期を待つことも大事なんだとも教えてくれます。文章は長めですが、気にならず最後まで読むことができました。

また、野菜たちが愛らしく丁寧に描かれていますので、野菜嫌いなお子様も野菜に親しみが持てるようになるかもしれません。ただ、出荷されるということは、食べられる運命にあるということで、少なからず切なさを感じました。
スポンサーサイト
もりのホテル
もりのホテルもりのホテルもりのホテル
( 2015/4/21)
ふくざわ ゆみこ
学研教育出版
商品詳細を見るもりのホテル

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
もりの なかの おおきな きに、 いっけんの ホテルが ありました。
あらいぐまいっかの 「もりの ホテル」です。

出版社より 対象年齢 幼児 3~5歳

おもてなしの心が伝わる絵本。人と人とのつながりや思いやりにほのぼのします。絵のすみずみまで堪能しました。
もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし
もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなしもったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし
(2014/09/23)
真珠 まりこ
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
もったいない こと してないかい?
さあ みに いくよ

出版社より 対象年齢 4歳から

もったいないばあさんと一緒に天国と地獄を見に行こうというお話。鬼や煮えたぎるスープが出てきたところでドキドキしましたが、恐くないので安心して子どもに見せられました。「もったいない」はこじつけのような気もしましたが、思いやりの心のエピソードに当時中1の娘も「なるほど~」。教訓的なお話でした。
モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント
モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼントモモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント
(2014/08/04)
ふくざわ ゆみこ
文渓堂
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
モモンガさんは どんぐりのもりの はいたつやさんです。
あるひ はいたつなかまのゴイサギさんが とおくのもりから やってきました。
「こんにちは、モモンガさん。ちょっと おたずねしますが このもりの
くすのきに ミーちゃんっていうこが すんでいますか?」
ゴイサギさんが たずねると モモンガさんが うなずきました。
「ああ、それなら ねずみのきょうだいの すえっこのミーちゃんのことだ」

とても心温まる絵本でした。娘(当時中1)も気に入りました。ハラハラしましたが、みんなの対応があったかくて優しくて、私のギスギスした心を(笑)ほんわか包んでくれたようでした。

モモンガのはいたつやさん』の続編ですが、私はこの続編のほうが好きです。

しかし、ミーちゃんの寝起きの姿にはやられましたね!めっちゃかわいい!!何度もページをめくっては見入ってしまいました!文章が長く、内容も込み合っているので、年長さんくらいからおすすめです。

モモンガのはいたつやさん
えいたとハラマキ
えいたとハラマキえいたとハラマキ
(2012/12/05)
北阪 昌人、おくやま ゆか
小学館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
ぼくの 名まえは、あべえいた。
パパの 名まえは、あべれいじ。
ママの 名まえは、あべゆう。
4さいの たん生日の プレゼントに、
ママが くれたのは
変身ヒーローの カッコいいベルト、
ではなく『ハラマキ』。

表紙からは全く想像も及ばないアドベンチャーもので、楽しめました。人に優しくすることの大切さも学べます。心があたたまりました。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
かっぱわくわく
かっぱわくわくかっぱわくわく
(2000/07)
やすい すえこ、高見 八重子
金の星社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おつきみいけの かっぱは、
まいにち あたまの おさらに、
げんきと ゆうきが わく
わくわくみずを いれて います。

出版社より 対象年齢 幼児

困っている人や動物を思いやる気持ちを育む良い絵本だと思いました。かっぱのかんすけくんのように、そっと手を差しのべることのできる優しい人に育ってほしいです。
ムーミンのたからもの
ムーミンのたからものムーミンのたからもの
(2005/08/11)
トーベ・ヤンソン、松田 素子
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
あるひの ことです。
ムーミンは、ひとりで かんがえていました。
なにを かんがえていたのかって? 
それはね、こんな ことだったのです。

ママは、何でも出てくるハンドバッグを持っていて、パパは、立派なぼうし。それぞれみんなが自分だけの宝物を持っています。自分は宝物がないと探し回るムーミン。思いやりの心をおしえてくれる良い絵本でした。



この雑誌本で紹介されていました。ムーミンの絵本があるとは知らず、初めて娘(当時小3)に読み聞かせしました。「どこの国のお話だと思う?」と聞くと、「ドイツ?」。正解の「フィンランド」という国名は聞いたことがないような顔をしていました。森と湖の国、フィンランド。いいですね~!

母は、ひたすら懐かしさにひたりました☆ミイにスナフキン。懐かしい名前を耳にしながら子供時代にタイムスリップしたようでした。
だるまちゃんとてんぐちゃん
だるまちゃんとてんぐちゃんだるまちゃんとてんぐちゃん
(1967/11)
加古 里子
福音館書店
商品詳細を見る

【最初のぺージ】
ちいさい だるまちゃんと
ちいさい てんぐちゃんが
あそんで いました。
「それ なあに?」
「これは てんぐの うちわだよ」
「ふーん いいものだね」

全国学校図書館協議会選定「よい絵本」(幼児向き)
ほるぷのひよこコース(乳幼児期)の配本

親子で書こう!100さつ読書日記

親子で書こう!100さつ読書日記―フィンランド・メソッドで本がすきになる」の指定図書でした。

だるまちゃんシリーズ」の1作目。不朽の名作ロングセラーです。シリーズで私が一番好きな作品です。字も大きく、お話も長すぎず短すぎずユーモアたっぷりで楽しい絵本。

からすのパンやさん」のように、たくさん品物が並べてあって、選ぶのも楽しい絵本。子どもが食いつかないわけはありません。本当に良い絵本は、時代が変わっても子どもの心をつかむものです。いや、子どもの純真な心は今も昔も同じ。変わっていないのかもしれません。

人の持っているものを何でも欲しがるだるまちゃん。文句も言わず、家族総出で必死に助けるだるまちゃんの家族。もっと感動するのは、てんぐちゃんの「すてきだね。」と素直に相手を丸ごと受け入れる姿。真似できないなあ(笑)。何ともあたたかい絵本です。たくさんのことを教えられました。

だるまちゃんとてんぐちゃんこちらもおすすめ

だるまちゃんとてんぐちゃん英語版

海外の人へプレゼントしてもきっと喜ばれます!


検索キーワード: 思いやりの心 ロングセラー だるまちゃん
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
はりねずみのはりこ
はりねずみのはりこ はりねずみのはりこ
なかや みわ (1998/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ここは、もりの ようふくや テーラーはりはり。

そらまめくんのベッド」の著者なかやみわさんの初期作品。そらまめくんよりも前に出版された絵本です。なかやみわさんの作品は、本当に温かみがあって、読んだ後また一つ幸せにしてくれる魔法を持っている様です。

背中に「針」があるために、着たい洋服も着れない主人公のはりこちゃん。ねずみやひつじやきじがアイデアを出して、何とか主人公にぴったりのお洋服を着せようとする優しさ。きじが施してくれたアイデアに、うちの娘が「うわ~!きれい!!」と感激しておりました。

最後に、おばあさんが、はりこのために夜なべで作った素敵なものをプレゼント。何だと思われますか?心温まるエンディング。優しい気持ちになれる作品でした。

検索キーワード: 思いやりの心 なかやみわ はりねずみ 洋服
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ごろりんごろんころろろろ
ごろりんごろんころろろろ
(1984/01)
香山 美子、柿本 幸造
ひさかたチャイルド
商品詳細を見る

アマゾンで検索
【最初のぺージ】
うさぎさんが テーブルを つくりました。
みんなで つかえるように、まるい かたちに つくりました。
「さて、この テーブル、
どこに おこうかな。」

どうぞのいすどうぞのいす」の続編です。私はこちらのほうが好きだな。今回も思いやりの気持ちがテーマ。イラストも言葉も優しくて、ほんわか心があたたまるお話です。

検索キーワード: 思いやりの心
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド そらまめくんのベッド
なかや みわ (1999/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

久しぶりに、「おはなしが楽しい」ファンタジー絵本に出合いました!親が読み聞かせをしていて「心から楽しい!」って思える作品でした。子どもたちも、この絵本からバッチリ「思いやりの心」を感じ取ってくれたことと思います。

もうすっかり有名な絵本なので、ストーリーの解説はいらないですね。前に図書館で借りてきたことはあるのですが、当時は、子どもたちの年齢にしては文章が長すぎて、読み聞かせをあきらめた絵本でした。下の子も4歳になったばかり(当時)。大好きな一冊になりました。

さて、本題はここから。きのう、行きつけの高級スーパーで(言うなって)買い物をしていたら「そらまめ」が売られていたの!!!もう、感動!!! 目がクギ付け!!!す、すごい!!これが、本物の「そら豆(一寸豆)」かーーーーーーー!!!

  (   絶   叫   )

もう熱くなりすぎて、思わず愛おしさで、豆を優しくなでている自分がいましたよー。(コワイ)

この絵本は、このように始まります。

そらまめくんの たからものは このベッド。
くものように ふわふわで、
わたのように やらわかい。
「あっ、もう あさだ!」
そらまめくんが とびおきると、

中身は、本当にふわふわなの?????自分の目で確かめたくて、買ってしまいました。でも、勇気がいりました。5本で約500円なり。(たかっ)そういえば、そら豆って、料理に使ったことはなかったわね。中身も特段意識してみたことがありませんでした。

そらまめくん
息子(当時5歳)の手で持っても、大きい!!

中身を包丁で切ってこじ開けてみると...真っ白で、ふわふわ!うわぁ~、絵本どおり♪触ると、すぐに指の型がついてしまうほど、湿っていました。

子どもたちには、ほっぺたにペタペタしたり、外と中の感触を比べてみたり、においをかいで(あおくさい)、豆を生でしたがかじらせたり。五感でまめを楽しみました。(七田式)息子は、おもむろにセロテープを出してきて「スキー板」を作り、「オレのたからもの♪」と満足そうにしていました。

一冊の絵本から、本物を感じてみるという、思いがけない発見ができて
意義のある読み聞かせの一冊でした。おせっかい野郎の血が騒ぎ、さっそく週明けに保育所にまめごと持っていき、3歳児のクラスのお友だちにも、本を丸ごと感じてもらえたらと思っています!

検索キーワード: 思いやりの心
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。