生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらば、猫の手
さらば、猫の手さらば、猫の手
(2000/09)
金治 直美
岩崎書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 これって、史上最大のピンチかも
「そこ、おしゃべりしない!」
五時間目、奥田先生のトンガリ声
がとんできた。前の席のコースケが
ふりむいて、ぼくに「オレ、セクタ
ーRまで進んだぜ」と、ゲームのこ
とを話かけてきたときだ。
「まったく、そこのふたりは、いつ
もこうなんだから。四年生にもなっ
て。あんたたち、バツ勉強だから
ね。あしたまでに、漢字三百個、ノ
ートに書いてくること」
先生、そんなぁ、とぼくはいいた
かった。

出版社より 対象年齢 小学校中学年向け

小学4年生におすすめの本。主人公も小学4年生です。何年も前に子どもが読んで気に入った本です。雑誌や本で推薦本として載っているのを見て改めてエントリーしました。

今や小学生も習い事や塾で「猫の手もかりたい」ほどいそがしいのではないでしょうか。無理なく主人公に気持ちを重ねることができると思います。楽しくて愉快な物語です。親にとってはちょっと耳の痛いお話かも!
スポンサーサイト
かあちゃん取扱説明書
かあちゃん取扱説明書かあちゃん取扱説明書
(2013/05/20)
いとう みく、佐藤 真紀子
童心社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「あっははは、こりゃあいい」
とうちゃんは大笑いすると、のこりのビールをコップにそそいで、ぐびぐびのどをならした。それから、またぼくの作文を見てニヤニヤしている。
「いいから早く書いてよ、かあちゃん出てきちゃうよ」
「だいじょうぶだって。かあちゃん長風呂なんだから」
「だって!」
くいさがるぼくに、とうちゃんはしかたねえなぁと、鉛筆をにぎった。
「で、なに書くんだっけ?」

出版社より 対象年齢 小学3・4年~

主人公が小学4年生の男の子なので、ぜひ小学4年生におすすめしたい一冊です。娘(当時小6)が「ユニークでおもしろかった!!」と興奮して私にすすめてくれました。

タイトルからして興味津々。愉快で楽しくて、切なくて。温かい気持ちにもなれる。ラストには参りました!
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
家の中では、とばないで!
家の中では、とばないで!家の中では、とばないで!
(2002/10)
ベティー・ブロック
徳間書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 小さな犬、グローリア

ある朝、バンコート夫人は朝ごはんのまえに、「ちょっと海をみましょう」とテラスに出ました。すると、小さな白い犬が石の手すりの上にすわって、カモメががけの下へ、さっとまいおりるのを、見ているではありませんか。
その犬は、背の高さも、体の長さも、十センチほどしかありません。短い白い毛の下から純金の首輪が見えていて、それには、「グローリア」という字がほってありました。
「これは、また、まあ!」と、バンコート夫人は、その小さな犬を手のひらにのせて、しげしげと見つめました。「おもちゃかと思ったら!おまえ、ほんとうの犬なの?」
犬は、おだやかなすんだ青い目で、夫人のしわのよった顔を、さぐるように見つめかえしました。夫人は首をふりました。

アメリカで1970年に刊行されて以来ずっと読みつがれているロングセラー本だそうです。謎がいっぱいのお話で心が落ち着きませんでしたが、最後はすてきなサプライズで心が明るくなりました。

挿絵はたかおゆうこさん。『ねずみの家』の挿絵をほうふつさせる愛らしい挿絵でした。

クレヨンハウスでは小学4年生向けの配本、絵本クラブでは小学4-5年生向けの配本になっています。娘は小5(当時)で読みました。「おもしろい!」と言っていました。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
アンモナイトの森で
アンモナイトの森で―少女チヨとヒグマの物語アンモナイトの森で
―少女チヨとヒグマの物語

(2010/07)
市川 洋介、水野 ぷりん
学研教育出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
野性の少女チヨ

奥深くはいりこむにつれ、その沢の両側は、しだいに見あげるような、高い崖になっていくのでした。
水の流れていない涸れ沢には、大きな石がゴロゴロところがっていました。
ひんやりとした秋風が、沢の中を吹きぬけていましたが、チヨはすこし汗ばみながら、歩きにくいごろた石の沢を登って行きます。
背中の大きなかごには、まだ、わずかのキノコしかありません。
「この沢は、だめかな?」

第18回小川未明文学賞大賞受賞作品
全国学校図書館協議会の第44回(2011年度)夏休み緑陰図書
第37回(2011年度)北海道読書感想文コンクール指定図書
第23回(2011年度)読書感想画中央コンクール指定図書(高学年の部)

出版社より 対象年齢 小学校中学年から

明治期の北海道開拓地を舞台に、アンモナイトの化石をめぐり、自然の中で育った少女と周囲の大人たちとで織り成す感動のドラマ。

クライマックスは、何度読んでも涙が出ます。人間と自然の共存を痛いほど考えさせられました。北海道の森の中の張りつめた空気感や自然の息づかいががありありと目の前に広がるようでした。長い本ではありません。子どもたちにぜひ読んで感じてもらいたい作品です。

娘(当時小4)も「よかった!」と感動していました。
リンク先で中身がご覧いただけます
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
アルファベットガールズ
アルファベットガ-ルズ
(フォア文庫)

(2007/06)
ジャクリーン・ウィルソン
ニック・シャラット
理論社
商品詳細を見る

アマゾンで検索

【最初のページ】
「聞いて、聞いて!」とアミー。「わたし、来週誕生日なんだけれどね、おかあさんが仲良しの友だちを呼んでおとまり会してもいいって!」
「やったね!」とベラ。
「サイコーだわ!」とクローエ。
「ステキ!」とエミリー。
わたしはなにも言わず、かわりににっこり笑った。ホントはすごーく期待している。

出版社より 対象年齢 小学校高学年~中学生

小学4年生の女の子におすすめの本。誕生日におとまり会(sleepovers)をするのが大流行。でも、デイジーはみんなを家に呼びたくない理由があって...

パワフルでユーモアたっぷり!ニック・シャラットのイラストが楽しさを倍増させています!それだけではなくて、難しい立場におかれている人々にも思いをめぐらす機会を与えてくれます。子どもたちの悩みや複雑な気持ちもうまく表現されていました。

最後にクローエが改心してくれればもっとよかったのですが、この終わり方のほうが現実的なのかな?とにかく、楽しくて、親子共々一気に読んでしまいました!

リジーとひみつのティーパーティ (フォア文庫)

こちらもおすすめです。お母さんの再婚で揺れる主人公の気持ちがよく伝わってきます。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
パセリ伝説
パセリ伝説~水の国の少女~(1) (講談社青い鳥文庫)パセリ伝説~水の国の少女~(1)
(講談社青い鳥文庫)

(2006/10/14)
倉橋 燿子
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
プロローグ1 伝説

それは、はるか何千年も前のこと。
ある国では、まる一年以上ものあいだ、雨が降らない日々がつづきました。地面はからからにかわき、木々は彼、作物は育たず、家畜もつぎつぎと死にたえていきました。やがて食物が底をつき、人々は飢えやのどのかわきに苦しむようになりました。
時の王様は、自分も食べるものがなくなり、飢えにあえぎながらも、国の人々を救わんと、あらゆる手をつくしました。しかしとうとう王様自身も病気になってしまいました。
王様は病気の体をおして城の外に出ると、一本の木も草もはえていないかわいた土地の上にひざまずき、空をあおぎました。

出版社より 対象年齢 小学中級から

パセリ伝説シリーズ全13巻。女の子におすすめ!当時小4の娘は、「めちゃくちゃおもしろい!!」と感激していました。娘に薦められて私も読みました。これは確かにおもしろい!!!謎や秘密が多く、もっと知りたい!と思ってページをめくるうちに、一気に読んでしまいました。

両親と“記憶”をなくした小6の女の子パセリの物語。女の子独特の友だち関係もうまく描かれていて、現実的でありながらファンタジーもちりばめられいて、読みごたえがありました。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ティナのおるすばん
ティナのおるすばんティナのおるすばん
(2002/07)
イリーナ・コルシュノフ
徳間書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 一日のはじまり

ティナは、朝、おかあさんに起こしてもらうのが、好きです。ねむっていると、ほっぺたにおかあさんのあたたかい手がさわり、おかあさんの声がきこえてきます。「ティナ、起きなさい。朝よ。」
こうやって起こしてもらうのは、とてもいい気持ちです。
でも、けさは「ティナ、起きなさい。」という声はきこえませんでした。けさティナを起こしたのは、ジリジリジリジリジリという、耳をつんざくようないやな音。こんなふうに起こされたのでは、ちっとも気もちよくありません。
ティナは、どきっとして、ベッドからとび出しました。カーテンのすきまから、朝日がひとすじ、青いたんすにさしていました。

小学校中学年におすすめの本。主人公のティナは8歳。留守番中にとんでもないことばかり起こってしまいます。子どもの気持ちを巧みに描いたドイツ児童文学の傑作です。

時空を超えるファンタジーでもなく、ごく普通の日常を描いた作品なのに、どうしてこんなにおもしろい!!娘(当時小4)も同感。ドイツにおける人種差別や社会情勢もちりばめてあり、大変読みごたえがありました。おすすめです!
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
秘密のスイーツ
秘密のスイーツ秘密のスイーツ
(2010/12/21)
林真理子
ポプラ社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
1 お母さんなんて大嫌い

この町はあんまり好きじゃないと、理沙は思った。
おじいちゃんとおばあちゃんの住んでいるところとして、たまに遊びにくるくらいだったらよかったけど、住むとなったら話は別だ。昔からの町で、中心部には古い家が並んでいる。そうかと思うと、ちょっとはずれたところには新しい家がいっぱいだ。つまり中途はんぱってこと。中途はんぱってつまらない。安っぽい感じがする。
ま、どこへ引っ越そうと、理沙は気に食わなかっただろうけど……。
「新しい学校に行けば、リサも気分が変わってまた元気になると思うわ」

出版社より 対象年齢 小学校高学年~

当時小4の娘が読んで感動した本。ぶ厚い本ではありませんので、すぐに読めました。息子(当時小6)にも読んでほしかったのですが、文字は大きめで行間が広いので、「読みにくい」と言って読みませんでした。

林真理子さんが初めて書いた児童書ということで注目。恵まれた現代を生きる甘ったれた理沙と、厳しい戦時下を必死で生きる雪子の対照が際立っていました。小さな子なりに、戦争についても考えてさせられる良書です。

最後の雪子の手紙にホロリとしました。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
りこうすぎた王子
りこうすぎた王子りこうすぎた王子
(2010/04/17)
アンドリュー・ラング
岩波書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
むかしむかし、パントウフリアという国に、王さまとお妃さまがいました。ほしいものはなんでもそろっていましたから、ふたりは幸せにくらしていましたが、たったひとつ、たりないものがありました。子どもがいなかったのです。このことについては、王さまのほうが、お妃さまよりもずっと気をもんでいました。お妃さまは、たいそうりこうで、学問があり、子どものころは人形あそびなんか大きらいだった、という方でした。そんなお妃さまですが、どんなにたくさんの本を読み、どんなにたくさんの絵を描いたとしても、小さな王子さまのおかあさまになれたなら、やっぱりうれしかったでしょう。

出版社より 対象年齢 小学3・4年向き

小学4年生以上におすすめのお話。地域の図書館で、2011年度の推薦図書として、陳列されていました。

中学年向きにしては文字が細かい文庫本。娘(当時小4)が読むには無理だと思ったのですが、お話の内容がそれはおもしろかったようです。「おもしろいからお母さんも読んでみて!!」と反対に薦められてしまいました。

確かにおもしろかった!!次から次へと難問が降りかかろうと、持ち前の知恵で困難を突破していく「利口すぎる」王子。魔法が出てきて楽しいファンタジーに仕上がっています。『はなのすきなうし』で有名なロバート・ローソンのさし絵が、お話の独特な雰囲気をひき立てています。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ふわりん
ふわりんふわりん
(1998/05)
カルメン・クルツ
徳間書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ふわりんは、天使や、森の小人に似ています。けれど、天使でも小人でもありません。
ずっとずっとむかしから今まで、かぞえきれないくらいたくさんのふわりんが、兄弟のように、なかよくくらしてきました。みんなふわりんという名前で、ひとりひとりには名前がありません。お母さんのおなかの中にいたときに死んでしまって、名前をつけてもらえなかったからです。ふわりんというのは、いろんな理由で、この世に生まれてくる前に死んでしまった、小さな小さな子どもたちのことなのです。
お父さんとお母さんに、生まれてくるのを待ちのぞまれていた子も、そうでなかった子も、ふわりんになると、『楽園』というところでくらします。『楽園』では、なやんだり、苦しんだりすることはありません。つらいことや、かなしいことがおこらないからです。そして、どこへでも、自由に行くことができます。もちろん、人間の世界に行くこともです。

小学校中学年におすすめの本。娘(当時小4)が「すっごくおもしろい!!」と興奮して何度も言うので、私も読みました。

この世に生まれることができなかった子ども、ふわりんのお話。作者は、たくさんの賞を取った有名なスペインの作家だそうです。読み終わって、心がほわっとあたたかくなりました。ふわりんは、愛の化身といったところでしょうか。絶対にうそをつかず、裏切らず、愛でいっぱいの存在です。

娘も、この本から、無意識のうちに愛をたくさん受け取ったことでしょう。子どもの心の安定を促す、良い作品でした。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
デルトラ・クエスト〈1〉沈黙の森
デルトラ・クエスト〈1〉沈黙の森デルトラ・クエスト〈1〉沈黙の森
(2002/08)
エミリー・ロッダ
岩崎書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
I 王は死んだ

深夜のデルトラ城。貴族たちが大広間めがけて、
波のようにおしよせていく。
王子の親友ジャードは、大理石の柱のかげに
ひっそりとたたずんで、人々の動きをみていた。
眠い……。ジャードは目をしばたたかせた。
さけび声と鐘の音で目をさましたジャードは、
すぐに服を着て、ろうかにとびだした。
すると、おおぜいの貴族たちが、大広間へむかって
いそいでいたのだ。
「王様がおかくれになった」
「では、若い王子が、すぐさま王位を継がれることになるのだな」
ジャードは、夢のなかにいるような気がした。王様が亡くなった。
長いあごひげを編みこみ、金色の衣をお召しになっていた、あの王様が!
ここ十日ほど、原因不明の熱病でふせっておられたことは知っていた。
でも、こんなに早く亡くなってしまわれるなんて。

出版社より 対象年齢 小学校中学年 ~ 中学生向け

ゲーム世代も夢中になる冒険ファンタジー。小学校中学年以上の男の子におすすめです。

七色に光る豪華な表紙。うってかわって、挿絵がほとんどない中身。おそろしい怪物に謎解きにバトル。挿絵がないだけに、脳がフル回転して一生懸命想像して楽しんでいる私がいました。

そう、息子(当時小4)が「おもしろい!」と言った本は、記事にするため私もせっせと読んでいます。自分が読まずして無責任におすすめできませんので。

これはテレビより、ゲームより、おもしろいんじゃないでしょうか!読書をあまりしない男の子諸君も、これで読書好きになってくれるのではと思いました。

シリーズ化されています。デルトラ・クエスト(全8巻)(↓)
デルトラ・クエスト(全8冊)

デルトラ・クエスト2(全3巻)(↓)
デルトラ・クエスト2(全3巻)

デルトラ・クエスト3 (全4巻)(↓)
デルトラ・クエスト3 全4巻

検索キーワード: 童話 読み物
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
スチュアートの大ぼうけん
スチュアートの大ぼうけんスチュアートの大ぼうけん
(2000/05)
E.B. ホワイト
あすなろ書房
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
フレデリック・C・リトル夫人に二番目の息子が生まれたとき、
その赤ちゃんは、ハツカネズミほどのおおきさしかありませんでした。
大きさだけでなく、じっさいこの赤ちゃんは、どこから見ても
ハツカネズミそっくりでした。背たけはたったの五センチだし、
鼻はネズミのようにとがっていて、ネズミのしっぽとネズミのひげを
はやしていたばかりか、気がよくて用心ぶかいところも、
ハツカネズミによく似ていました。
似ているだけではありません。生まれてから何日もたたないうちに、
ネズミ色のぼうしをかぶって小さなステッキをついたところを見ても、
ハツカネズミそっくりだということがわかりました。リトル夫妻は、
この子にステュアートという名前をつけました。
お父さんのリトル氏は、洗濯ばさみ四ことタバコの箱を使って、
ステュアートに小さなベッドをこしらえてくれました。

出版社より 対象年齢 小学校中学年~中学生

小学校中学年以上におすすめの童話。アメリカでは、古典中の古典で、誰もが知っている物語だそうです。映画化され、日本でも公開されました。映画では、プクッとしてかわいらしい風ぼうのスチュアート。でも、本の中の挿絵のスチュアートは、シャープな印象でリアル。ギャップが大きいよ~。

スチュアート・リトル トリプルパック

白人アメリカ人家庭にハツカねずみが生まれるという奇想天外なストーリー。リトル家の次男として大まじめに誇り高く生きるスチュアートゆえ、思わずプッと笑わされるセリフが多く、楽しめました。想像をかきたてる結末でしたが、「えっ、これでおしまい?」という消化不良は残ってしまいました。

文字は小さく本格的な読み物です。息子は当時小3で読みました。

検索キーワード: 小学3、4年生向き童話
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。