生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あきやまただしさん読み聞かせ教室
2006年10月28日(土)大阪で行われた『子どもの本フェスティバル』。あきやまただしさんの「読み聞かせ教室」に参加しました。10:30~11:30、対象は3~6歳の子どもとその親。

会場は、満員でした!3年連続で「読み聞かせ教室」に参加させていただいていますが、今年ほどの満員は見たことがありません。あきやまさんの人気ぶりがうかがわれます。

司会者に紹介され、ご登場!ラフな黒のシャツに長ズボン。やさしそうなお父さん~、という感じの方です。(実は私と同世代)「『読み聞かせ教室』ということですけれど、むずかしいことを言う前に、今日はたくさん絵本を読みますから、そのなかで何かを感じていただければと思います。」というような主旨でご挨拶。

ご自身の作品への思いや、裏話、子育て話などを期待していたのですが...そのお言葉どお~り、8冊も立て続けに読んでくださることになるとは...文字通り、汗だくで...。

「何かリクエストはありますか?」とあきやま先生。最初に手をあげたお子さんが、「たまごにいちゃん!」。

たまごにいちゃん たまごにいちゃん
あきやま ただし (2001/09)
鈴木出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

代表作と言ってもいい、名作ですよね。大好きな胸キュンストーリーです。

次も、会場からのリクエスト。
さかさのこもりくん」。

さかさのこもりくん さかさのこもりくん
あきやま ただし (2006/04)
教育画劇
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

この作品は、知りませんでした(ゴメンナサイ)。先生は、登場人物ごとに声色を変えて、見事な演技。臨場感たっぷりで、とても楽しい読み聞かせです。

次は、ご自身で選ばれた作品。
へんしんトンネル

へんしんトンネル へんしんトンネル
あきやま ただし (2002/09)
金の星社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

一度読んだらやみつきになる「へんしんシリーズ」第一弾でしたね。子どもたちも大好きな絵本です。会場と声を一緒に「せーの!かっぱ、かっぱ、かっぱ、かっぱ....」。

あきやまただし へんしんトンネル読み聞かせ中
 <へんしんトンネル読み聞かせ中♪>

次いて、「へんしんオバケ」。

へんしんオバケ へんしんオバケ
あきやま ただし (2006/06)
金の星社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

これも、おもしろいですね。子どもって、もともと「おばけ」が大好きですから。最後のオチが特に好きです。

じゃあ、次は、パンツぱんくろう!これ、誰が書いたのかな?「あきやまただし」だって。みんな知ってる?

...会場はニコニコ顔。さあ、みんなでいっせいに!「♪パ~ンツ ぱんくろう~」

パンツぱんくろう(3)おしっこしーしーしー

パンツぱんくろう (3) パンツぱんくろう (3)
あきやま ただし (2004/09)
講談社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索


パンツぱんくろう(2)パンツちょーだい!

パンツぱんくろう (2) パンツぱんくろう (2)
あきやま ただし (2004/07)
講談社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索


ところで、今はパンツぱんくろうのトイレシリーズがあるのですね。これなら、喜んでトイレに行きそう。うちもトイレトレーニングに使いたかったな~。今のお子さんは幸せですね。
  

次に、まめうしのおとうさん

まめうしのおとうさん まめうしのおとうさん
あきやま ただし (1998/09)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

この絵本は、見たことがありませんでしたが、とてもよい絵本でした~!おとうさんが、とてつもなく大きくて、とってもステキ~。父親の子どもへの愛情がズシーーーーン!と伝わってきます。思わず涙でウルウルきちゃいました。「ドドドドドドド...」などの擬声音がとても効果的で、ガツッと心に残ります。

さあ、次は、ギターを取り出して、歌!オリジナル?曲を一曲。「まだ君は小さいからできなくていいんだよ~♪」みたいな歌でした。

そして、「♪どんないろがすき?」で会場から好きな色を聞いていって、画用紙に色を塗っていきます。そして、上からかぶせてあった仕掛けを取り除くと...にじいろのたまごにいちゃんのでき上がり。会場「うわ~!」と、どよめき。

あきやまただし たまごにいちゃん製作
 <にじいろのたまごにいちゃん>

次に、紙芝居「パンツぱんくろう あいうえお」。会場の子どもたちも、大きな声を出して、「あ!」「い!」「う!」などと楽しんでいました。

さて、最後にあきやま先生からのメッセージ。
おうちで絵本の読み聞かせを楽しむコツとは...
1)字をそのまま追わない
2)いろんな言葉や音を加えて!
3)子どもが楽しんでいることが一番。楽しく読んであげて!
少なくとも、あきやま先生の絵本を読む時はそうしてください、とのことでした~。

終演後は、お約束の著作販売と、サイン会ですね。絵本は、会場で買わないといけないのですね~。買ったかどうか、証明する紙片を握りしめて、サイン会の列に並びます。あきやま先生は、とても丁寧に、一人一人対応されている様子が印象的。

うちの子どもたちにも、イラストを描いてくださいましたが、「何がいい?」とリクエストに応えてくださるのです。息子が「たまごにいちゃん」と言いました。

あきやまただし サイン

さあ、おばちゃん(=私)も!
「大ファンです♪」と顔を赤らめて(ウソ)言い、握手をしてもらい、会場を後にしました。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
子どもの本フェスティバル(大阪)2005
子どもの本フェスティバル(大阪)に参加しました。2005年11月12日(土)13日(日)大阪ビジネスパーク ツイン21で開催のイベントです。

このイベントは、事前に申し込みが必要な講座(無料)が目的で参加しないと、やはり何だか物足りない印象になるでしょう。今年は幸運にも講座2つ当選し、朝早くから出掛けました。

10:30~11:30は絵本作家、宮西達也さんの「お父さんとお母さんの読み聞かせ教室」です。ご自身の作品をたくさん読んで聞かせていただきました。文章も丸暗記で、かなり早口だったのが印象的でした。

生い立ちから(静岡県生まれ)作品への思い入れやこぼれ話を伺うと一冊の絵本が、何だか自分の家族のように、とっても「身近」で「特別」な存在に思えてくるものです。印象に残ったお話はというと...

最初に読み聞かせいただいた「ぶたくんと100ぴきのおおかみ」と「はらぺこおおかみとぶたのまち」のように、お話におおかみがたくさん登場する絵本をたくさん書いていらっしゃるんです。

それは、ご自身がおおかみをすごく好きだからって。小さいころにお母さんに読んでもらった洋書絵本「3匹のこぶた」の結末は、和書とちがい、煮えたぎるお鍋のなかに落ちたおおかみを、こぶたが食べちゃうお話だったそう。子ども心に残酷で、すごくショックを受けたそう。

その幼児体験がもとで、おおかみを悪者扱いではなく、おもしろくてドジでほっておけない対象として描くようになったんだって。

100匹の...の方は、本当に100匹のおおかみを細かく描いたところをみてくださいって。この作品を仕上げた後、過労でしばらく寝込んだんだそうです。最初から「10匹」にしときゃあよかったとおっしゃっていました。

にゃーご にゃーご
宮西 達也 (1997/02)
鈴木出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

にゃーごは、小学校2年生の国語の教科書にのっています。中国語と韓国語に翻訳されている様子も楽しく見せていただきました。

先生の作品は、本当に最後にジーンと感動して思わずホロッと涙してしまうのが多いですね。余韻がすごいの。この「ニャーゴ」もそう。

教科書の「ニャーゴ」は、文章ばかりで、絵があんまりない。絵本の楽しみは、絵本を「めくる」ことにあるから、ぜひ実際の絵本を読んで聞かせてあげてください、とおっしゃっていました。

「やさしい涙がでてくる、せつなくも心あたたまるお話です。」の帯に誘われ、私がサイン会のために購入した絵本がこちら。

おまえうまそうだな おまえうまそうだな
宮西 達也 (2003/03)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

会場で読み聞かせていただきました。最後のクライマックスで(間のぺージがたまらない)、胸がつまって本当に涙がでちゃいそうになりました。先生も「いつも読み聞かせをしながら、涙がでそうになるんです。」とおっしゃっていましたよ。

この絵本は、先生の4年前にお亡くなりになったお父様が唯一ほめてくれた作品なんだそうです。また、「けんぶち絵本の里大賞」を受賞された作品でもあります。

ぜひ、お父さんがお子さんに読み聞かせをしてもらいたいとおっしゃっていました。「ファインディング・ニモ」のような、父子の愛情を描いた作品です。

最後は、有名な「おっぱい」です。表紙がなんとも言えずかわいいですよね~。

おっぱい おっぱい
みやにし たつや (1990/05)
鈴木出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

「これは、だれのおっぱいかな~?」当てっこゲームで会場が盛り上がりました。

最後のページは、お兄ちゃんが、弟?にお母さんのおっぱいをゆずってあげるというシーンなので、第2子を妊娠中・産後のご家庭にいいかもね。

ehon

新聞の夕刊に載りました。
うちの子どもたちもうつっています♪

13:00~14:30は、スズキコージさんの「万国旗?をつくろう!」というイベント。万国旗ってなんぞや!?って思っていたら、折り紙を二つ折りにして切るシンメトリー遊びなんですね。

例えば、これ。先生の作品。じゃんけんで、うちの子たちが勝ち(ズルしていたのを母は見ました...汗)18枚のうちの2枚を持って帰らせていただきました(ゴメンネ)。

bankokuki

こんなのを、会場の参加者全員で作り、最後にたこ糸に貼ってつるそう
というワークショップです。

suzuki

ひたすら、はさみを片手に万国旗を作るスズキコージさん。きっと前世は中南米人でいらしたのよねー。会場は、衣装も音楽も小道具も、全て中南米風。

スズキコージさんといえば、うちにも一冊絵本があるんですよ。こどものとも年少版(2003年9月号)の「みんなあつまれ」という、本当にヘンテコな絵本でした(ゴメン)。

親の私は、いまいち好きになれなかったものの、子どもたちにはおおうけで、「なんでうけるのかな~、不思議だな~。」なんて正直思っていました。

配本システムのいいところは、親の好みにかかわらず、いろいろな本が送られてくるところですよね。どんなものに子どもが興味を示すかわかりませんから。おかげで、幅広~いたくさんの作家や作品に出合いました。このようなイベントも、人一倍楽しめます。

サイン会のために買った絵本は、こちら。

かぞえうたのほん (日本傑作絵本シリーズ)

無難にいっちばーーーーーん、有名な本にしておきました。

夜寝る前にゆっくり読み聞かせをしてやると、子どもたち、大喜び!当時5歳の息子「これ、おもしろい!!!」って。奇想天外な言葉がリズムにのってたくさん出て来て、イラストもまさに「万国旗」そのものがあったり、変な人がでてきたり。ユニークで楽しいですね。

帰宅して、息子は一心不乱で折り紙を使って、自称(笑)お面やお洋服
のシンメトリー遊びをしていました。シンメトリー遊びは、形の概念や推理力を養ってくれますのでね、大歓迎です、ハハ。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
赤ちゃんも踊りだす!さくらのえほんらいぶ
2005年11月19日(土)クレオ大阪東のイベント「赤ちゃんも踊りだす!さくらのえほんらいぶ」に参加しました。

絵本に音楽をつけて朗読したり、楽しいトークがあり、視聴者参加型の「絵本の読み語り&ピアノ演奏」ライブ。さくらさんはマスコミにも多く取り上げられ定評がある方です。ご自身も高1・中2・小6の3男児「現役の母」。共感しますね。

参加しての感想は、とにかく「絵本の選書」がとび抜けてよかった!これに尽きます。演奏よりも、絵本朗読が多かった印象でした。さくらさんは、JPIC読書アドバイザーなんですものね。

ライブに関しては、私もいろいろなところに顔を出しすぎて経験がありすぎる?せいか、「ふつう」の印象。(正直でゴメン)素人っぽい感じかな~。(Just shoot me!)

でもね、さくらさんのおかげで、私にもなんだか新しい「目標」ができて、今ワクワクしています。(やっぱり自己中♪)後で述べます。

当日のプログラム&選書です。自分自身の記録のために、細かくなります。とばしてください(笑)。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
       えほんらいぶ
   11月19日(土)10:00~11:00 
     定員50名(参加無料)
       @クレオ大阪東

●「わらべうた」で幕開け
親子のふれあい遊び。京都のわらべうた。「おすわりやっせ、いすだっせ...」子どもを親の脚の上にのせ、脚を上下。ドスンと落とす。

●♪「TAITAN」さくら作詞・作曲 
オリジナル曲

●絵本朗読


単に絵本を読むだけではなく、参加者全員で絵本に合わせ材料を切ったり盛り付けしたりジェスチャーを交えて、絵本を道具にみんなでサラダを「作って食べた」のはおもしろかったです。最後に「透明のサラダを送ります。」とおっしゃって参加者にサラダを投げるところが印象的でした。

●♪きゃべつはきゃっつ
(あそびうたベスト50)より
キャベツ、ロケットなど、参加者全員手で表現。次に、さくらさんは、キーボード演奏のため、会場から一人お母さんが選ばれ、前で伴奏に合わせ「おどる」。このお母さん上手だった(笑)。それに合わせ、参加者全員一緒の動作。

●絵本朗読
よかったねネッドくん よかったねネッドくん
レミー チャーリップ (1997/11)
偕成社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

最初に合い言葉とジェスチャーを練習。幸運だったら「そいつはよかった」不運だったら「な~んてこった」。会場とあうんの呼吸で盛り上がる。うちの子どもたちは、この合い言葉がかなり印象的だったようで、ずっと口について出ていました。

●絵本朗読
ぎんいろのでかでかうちゅうせんぎんいろのでかでかうちゅうせん
(1998/12)
ケン・ウィルソン‐マックス
JULA出版局
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索
宇宙船を本当に操縦しているような大胆な仕掛け絵本におどきました!
会場もうなる!私もうなる!

●紙芝居
なんだ・なんだ? 童心社のかみしばい 古川タク

この紙芝居は最高でした!!これ欲し~~~い!!!前の絵から、次の絵を推理して「当てっこ」。本当になんだ・なんだ?って感じ。イラストもおとぼけ風でインパクトがあり、すごくおもしろい。大人も子どもも大喜びで非常に盛り上がりました。


●絵本朗読
(ぶあつい絵本なので、数ぺージのみ)
あっちゃんあがつく―たべものあいうえお あっちゃんあがつく―たべものあいうえお
みね よう、さいとう しのぶ 他 (2001/03)
リーブル
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索


●絵本紹介
しりとりしましょ!―たべものあいうえお しりとりしましょ!―たべものあいうえお
さいとう しのぶ (2005/11)
リーブル
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

巻末さくらさん作曲の歌がのっています。演奏いただきました。


●絵本
さよならまたね―ぼくとクッキー さよならまたね―ぼくとクッキー
かさい まり (2000/01)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

お引越しで去っていくお友だちにさよならを言うお話。最後は不覚にも涙がポロリ...さくらさん作曲の美しい伴奏があってこそ。会場から選ばれたお母さんが絵本を朗読。この方がぶっつけ本番なのに、激うま。大拍手。


●大型絵本朗読
おおきなかぶ (こどものとも劇場)おおきなかぶ(ビッグブック)
(1998/03)
A. トルストイ、佐藤 忠良
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

会場の子どもたちがおじいさん、おばあさん、子ども、いぬ...役で前に出てきて、さくらさん先頭に「うんとこしょ。どっこいしょ。」のかけ声で、かぶをひっぱるまねっこ。

●おさるのパペット登場
はらぺこあおむしの紹介「友だちをたくさん連れてきたよ。」大型本、普通サイズ、小型ボードブックを揃え5種類くらい並べると、本当にたくさんのあおむしくんを連れてきたよう。

●大型絵本
はらぺこあおむし (ビッグブック) はらぺこあおむし(ビッグブック)
エリック=カール、もり ひさし(1989/02)
偕成社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

さくらさん作曲の美しいメロディー(伴奏)にのって、会場から選ばれたお母さんが絵本を朗読。もう一人お母さんが前にでて、あおむしのぬいぐるみを操作して大型絵本をめくる役目。

●リズム体操
できるかな?―あたまからつまさきまで できるかな?―あたまからつまさきまで
エリック カール (1997/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索


CD エリック・カール絵本うたにのって、全員でリズム体操。

CD  エリック・カール絵本うたCD エリック・カール絵本うた
(2001/07/01)
不明

商品詳細を見る

楽天ブックスで検索


おしまい。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さくらさんは、10年の専業主婦を経て「JPIC読書アドバイザー」の資格(民間)を取得されたそうです。
(主催サイト: JPIC http://www.jpic.or.jp/)
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。