生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいすきのしるし
だいすきのしるしだいすきのしるし
(2012/06/25)
新井悦子、おかだちあき
岩崎書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「はやく あしたに なあれ」
れなは はなの かみかざりを つけて、
くるっと いっかいてんしました。
あしたは ようちえんの はっぴょうかい。
れなは げきあそびを、
おとうとの はやとは カスタネットの えんそうを、
たのしみに しています。

出版社より 対象年齢 3才 〜 5才向け

不意な出来事で子どもの行事に行けなくなるってこともあるかもしれませんよね。子どもの心細い気持ちと、それを克服しようとがんばる健気な姿が、丁寧に描かれた淡い鉛筆画絵と巧みな文章からひしひしと伝わってきました。でも、お花の髪飾り...かわいそう~。なんで忘れるのよ~、お母さん、もっとしっかりしてよ~!と思うのは私だけでしょうか。

読み終わって、娘(当時中1)に「だいすきのしるし、しようよ~ん♪」とすり寄っていくと、「きもちわるッ!!」と逃げられてしまいました(涙)。

リンク先で中身が見れます
スポンサーサイト
ようちえんにいきたいな
ようちえんにいきたいなようちえんにいきたいな
(2010/01/21)
アンバー・スチュアート
徳間書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
ピヨくんは、たまごから かえったばかりのころから、
はやく ようちえんに いきたいなあと おもっていました。

入園前のお子様にぴったりの絵本。期待と不安が丁寧に描かれていました。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、「勇気を出して、胸をはって出かけていく様子は、子どもたちに夢を希望を与えることでしょう」として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ぼくはねんちょうさん
ぼくは ねんちょうさんぼくはねんちょうさん
(2013/06/19)
サトシン、田中六大
小学館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺ-ジ】
あさ、えんに むかう ペースに
ついてこられない おかあさんを みて、
これだから おとなは……って おもっちゃう
ぼくは ねんちょうさん。

年長児の気持ちをユーモラスに描いた絵本。語り口調がおもしろくて、娘(当時小6)はクスクス笑って受けていました。確かにおもしろいのですが、受けを狙ったのが何だかみえみえで、私自身はしらけてしまいました。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ようちえんにいくんだもん
ようちえんにいくんだもんようちえんにいくんだもん
(2011/12/16)
角野 栄子 文、佐古 百美 絵
文化出版局
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
きょうは マリちゃんの おたんじょうびです。
3さいに なりました。

入園準備におすすめの絵本。3歳になったマリちゃんが、お母さんと一緒に幼稚園に見学に行ったり、通園路を歩いてみたりして、通う幼稚園を決めるまでの楽しいお話。入園面接試験や入園式の場面もあります。

早く幼稚園に行きたいなと思えるような絵本です。お話の内容が充実していて、とてもよかったです。小4(当時)の娘も充分楽しめました。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
よるのえんてい
よるのえんていよるのえんてい
(2011/07/26)
佐々木 洋、上條 滝子
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
「せんせい、さようなら。」
「みなさん、さようなら。」
えんていに あつまって いた こどもたちが、
おうちに かえって いきます。

出版社より 対象年齢 3歳から

コンセプトが気に入りました。なんとこの園庭は、夜になると生きものがゾロゾロ!驚きました。

絵は...もう少し微細な描写が欲しかったところ。ハクビシンやキジバトなどじっくり見てみたのですが、小さい上にぼやけていて、何がなんだかちっともわかりませんでした。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
あめふりあっくん
あめふりあっくんあめふりあっくん
(2009/02)
浜田 桂子
佼成出版社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おひさまほいくえんの
あさです。
みんなは あそんでいるのに、
あっくんは いったい
どうしたのでしょう。

出版社より 対象年齢 3歳から

保育園の朝。お母さんが行ってしまってから、ずっと泣きっぱなしのあっくん。泣きっぷりがすごくて思わず苦笑いしてしまいました。泣いているお友だちを、子どもなりのやり方で、一生懸命励まそうとする幼子たち。子どもたちがとても生き生きしたいい表情をしています。

当時小2の娘が「もう1回読んで!」と言い、結局3回も読まされました!子どもの心を惹きつける良い絵本でした。

検索キーワード: 保育園 入園 あっくん(主人公の名前)
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
なきむしようちえん
なきむしようちえんなきむしようちえん
(1983/01)
長崎 源之助、西村 繁男
童心社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
きょうは、ようちえんの にゅうえんしきです。
たくさんの ちいさいこが、おかあさんといっしょに
げんきに もんを くぐっていきます。
おやおや、ひとりだけ ないてるこが いますよ。
「やだやだ ようちえんなんか きらいだよーっ」
あれは みゆきちゃん、って こです。

全国学校図書館協議会図書選定
全国図書館協会選定
出版社より 対象年齢 3歳~小学校1・2年生

入園準備にぴったりの絵本です。泣いてばかりだったみゆきちゃんが、園の先生やお友だち、豊かな自然や動物たちに囲まれて大きくたくましく成長するお話。お泊り保育にやきいも大会、たこあげ、そりあそび。園の春夏秋冬の行事も細やかに描かれています。

大判の細かな描写の絵を見るだけで楽しいです。ヤギにうさぎ。畑。林。ターザンロープ。「こんな幼稚園うらやましい~!」とため息まじりの娘でした。みゆきちゃん探しも楽しんでいました。ずっしりと読みごたえがあるので、小学生になった子どもたちも満足しました。

検索キーワード: 入園 園の生活
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
えんふねにのって
えんふねにのって えんふねにのって
ひがし ちから (2006/03)
ビリケン出版
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ようちえんに かよっている まきちゃんは、
えんふねに のるのが だいすきです。
「おかあさん はやく はやく、えんふねが くるよ」
きょうも まちきれずに おうちから とびだしました。
のりばに つくと、まきちゃんは
かわの むこうを じっと みつめます。
「まだかなあ...」ぽつんと つぶやいた そのとき、
むこうのほうから、えんふねが ゆっくりと やってきました。

えんバスではなくて、舟で幼稚園に通うからえんふね。「えんふね」ってなんだろう?と気になるタイトルでしたが、なぞがとけました。

絵のみならず、文章までも、非常にていねいで美しい印象。ゆったりとしたいい時間が流れています。

圧巻は、やはり空を飛ぶ場面。すごいスピード感。思わず息をのむ瞬間です。このぺージにくると、毎回わが家の子どもたちは、絵の詳細に見入ってワイワイなんだかんだと感想をもらします。「この絵本おもしろい!」と言っていました。

検索キーワード: 幼稚園 まきちゃん
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
せんせい
せんせい せんせい
大場 牧夫、長 新太 (1996/02)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ねえ、みんな しっている?
せんせいって、ときどき うまだよ。

かがくのとも傑作集かがくのとも傑作集」です。「せんせいって、うまで、オニで、おすもうさんで、おおかみで、おきゃくさんで」...おもしろい!ユーモアたっぷりで、ページをめくる前に「何でかな?」と考える楽しみがあります。長新太さんの絵なので、親しみを持って読めました。入園前の準備としてもぴったりです。

検索キーワード: 入園 先生 幼稚園 保育園
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ともだちがほしいの
ともだちがほしいの ともだちがほしいの
柴田 愛子、長野 ヒデ子
(2004/03)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ふうこちゃんの おはなしです。
ふうこちゃんは、こどもたちの あそびば 「あそび島」の ちかくに ひっこしてきました。
まいにち かようことに きめたのですが―

実在する無認可幼稚園を舞台に繰り広げる子どもたちの「生き様」。細かい感情のひだを、みごとに描き出した柴田愛子先生の「あそび島 からだとこころのえほんシリーズあそび島 柴田愛子」です。↑の「ともだちがほしいの」は、当時3歳の娘に読み聞かせ、娘が大好きになった絵本。「ふうこちゃん読んで!ふうこちゃん読んで!」とせがまれたものです。

引っ越してきたふうこちゃん。友だちがほしくても、ひとりぼっちになってしまう女の子のサクセスストーリー♪完全に感情移入しているんですよね。「今この子はどんな気持ち?」「どうしてあげればいいと思う?」親子で会話して、人の気持ちを思いやることを学びました。

検索キーワード: 幼稚園 保育園 ともだち 友だち 友達 友情 ふうこ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ありがとうのきもち
ありがとうのきもち ありがとうのきもち
柴田 愛子、長野 ヒデ子
(2002/12)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

大好きな柴田愛子先生の「あそび島 からだとこころのえほんシリーズ柴田愛子さんの「あそび島」シリーズ」の一冊。

引越しをするので、あーちゃんは園のみんなに心を込めてプレゼントをします。それが手紙でした(すてきですね)。でも、あきの心にはうまく伝わりませんでした。気持ちを伝えるって、むずかしいですね。

純粋な子どもたちの心のひだがうまく描かれています。最後は心があったかくなるストーリーです。

検索キーワード: 幼稚園 保育園 ともだち 友だち 友達 友情 手紙 てがみ あき あーちゃん
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
みんなともだち
みんなともだち みんなともだち
中川 ひろたか、村上 康成
(1998/01)
童心社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
みんなともだち ずっとずっとともだち

卒園式にぴったりの絵本。絵本が丸ごと歌の歌詞です。この歌(楽譜が最後に載っています)を息子が知っていて、歌うようにして自分で読んでいました。無理もありません。卒園式では、この歌を手話付で歌っていましたから!

検索キーワード: 卒園 ともだち 友だち 友達 友情
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。