生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
あかり
あかりあかり
(2014/12)
林 木林、岡田千晶
光村教育図書
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
あたらしい ろうそくが いま、
はじめて 火を つけてもらいました。

出版社より 対象年齢 小学校低学年から

子の幸せを願って母が手作りした大きなろうそく。なんとも温かく、何日たっても心にジーンと響いて止まらない絵本でした。黄を基調にした岡田千晶さんの幻想的な絵がお話に合っていて、とても素敵でした。

中1(当時)の娘に読み聞かせましたが、終わって「寂しいお話」と言っていましたので、やはり人生を重ねた大人にこそ、この絵本の良さがわかるのかもしれません。でも、底に流れる温かさや愛情はちゃんと伝わっていると思います。
スポンサーサイト
しゃもじいさん
しゃもじいさんしゃもじいさん
(2012/12)
かとう まふみ
あかね書房
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
しゃも、しゃも、しゃも……
よるの まちに ちいさく ちいさく ひびく おと。
しゃもじの おじいさん、しゃもじいさんの あしおとです。
すみなれた だいどころを はなれて、
ひとりで たびに でたのです。

出版社より 対象年齢 幼児から

ものを大切にする心を育てる絵本。何をかくそう捨て魔の私!胸にズサッと響きました。実際の修理の方法も紹介されていて非常に納得しました。おすすめです!
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
タップのゆめ
タップのゆめタップのゆめ
(2010/11/16)
アン マサコ
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
まちのはずれに、くつのしゅうりやさんが、ありました。
おみせでは、スミスさんがきょうもたのしそうに、
手をうごかしています。
タンタンタン、トントントン。
タンタンタン、トントントン。

なんて素晴らしい立体造形の世界。息を飲む芸術作品です。この一冊をつくりあげるために、いったいどれほどの時間がかかったのでしょう。

登場人物が生き生きしていて、今にでも動き出しそう。レトロっぽい画風も奥行きがあって、とてもいい。ビジュアルさながら、お話も心を打つ内容になっています。ものを大切にする心を育てるよい絵本です。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
パトカーのピーすけ
パトカーのピーすけパトカーのピーすけ
(1992/11/01)
相良 敦子、柳生 弦一郎
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ピーすけは、ゆっくんの いちばん さいしょの おもちゃです。
ゆっくんが あかちゃんのときから、いっしょに います。

出版社より 対象年齢 4才から

おもちゃのパトカーピーすけが公園に置き去りにされてしまうことから始まる冒険物語です。ハラハラドキドキしますが、最後はホッと安堵感に包まれます。ものを大切にする心を育てるよいお話だと思いました。こういう絵本を子どもたちに長く読み聞かせてあげたいな。

文章がたっぷりあるページもありますので、小学生でも読んだ後の充実感があります。娘はすでに当時小3でしたが、この絵本が大変気に入りました。小さいお子さまなら、長いページはセリフだけを読んであげてください。幼児教室で教わった読み聞かせの秘訣です。
ちいさなこぐまのちいさなボート
ちいさなこぐまのちいさなボートちいさなこぐまのちいさなボート
(2005/08/01)
イヴ・バンティング
主婦の友社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
こぐまは、ボートが だいすきだ。

表紙の青色とオレンジのコントラストが目をひきます。小さくなってしまったボートを慈しむ姿が心にしみました。派手さはありませんが、心にじわ~と効く絵本。間を大事にゆったりと読み聞かせると絵本の感じが伝わります。

検索キーワード: ものを大切にする心
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ドアがあいて…
ドアがあいて…ドアがあいて…
(1999/02)
エルンスト・ヤンドゥル
ノルマン・ユンゲ
ほるぷ出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
しいんと している まちあいしつ……。

日本図書館協会選定図書
日本こどもの本研究会選定図書
出版社より 対象年齢 2・3歳以上

しいんとしたおもちゃの病院の待合室。ドアがあいて一人ずつ入っていき、順番にいなくなって……。おもちゃたちの気持ちがひしひしと伝わってくる絵本。

左ページにたった一行の文章。絵からはしーんとした場の雰囲気やもの悲しさ、孤独感がくみ取れて「スゴイ!」と思いました。最後はホッと心があたたかくなります。胸をなでおろしたのは、まさに読み手の自分でした。

ものを大切にする心も育ててくれる良い絵本だと思います。

検索キーワード: ものを大切にする心
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ぼくのなまえはイラナイヨ
ぼくのなまえはイラナイヨぼくのなまえはイラナイヨ
(1997/05)
ミック・インクペン
小学館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
47ばんちに すんでいた かぞくは、
とおりを まがったところの 大きなうちへ
ひっこすことになりました。
もうすぐ あかちゃんが うまれるのです。
にもつはみんな はこにつめ、
ひっこしのよういは ぜんぶできました。
ねこは どっかにいってしまって
みつからないけど、
わすれものは ないようです……。

心満たされるストーリーで大満足!たっぷりある文章(長いです)も小学生の知的レベルにぴったりで、読み終わった時は、なにか良い映画でも見たような爽快感がありました。

屋根裏に長い間忘れられていた、ぼろぼろのぬいぐるみ。「ぼくって、本当は誰なの?」―自分が誰で、どんなかたちだったのかも思い出せない、かわいそうな主人公。

最後の開く仕掛けのページをめくると、娘(当時小2)が「うわ~!」と歓喜の声。終始一緒になって、なんだろう?と思いめぐらせた結末は、感動的でした。

ものを大切にする心を育てる名作。長く読み続けたい絵本です。

検索キーワード: ものを大切にする心 切ない絵本 ねこ ネコ 猫 ぬいぐるみ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
おじいさんならできる
おじいさんならできるおじいさんならできる
(1998/06)
フィービ・ギルマン
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ヨゼフが あかちゃんのとき、おじいさんが すてきな ブランケットを
ぬってくれました―

出版社より 対象年齢 4歳から

ヨゼフが赤ちゃんの時、おじいさんがブランケットをぬってくれました。そのブランケットは古くなりましたが、おじいさんの手によって次々と新しい使い物に変身していきます。

ものを大事にする心と、家族の愛情が、読者の心をあたたかく包んでくれる傑作です。大きなブランケットが最後にはこんな形に。そのアイデアに感服しました。そして最後のシャレた結末へ。

おじいさんの家の床下に住むねずみ一家の暮らしも、ブランケットの切れ端によって豊かになります。かわいらしいネズミ一家の物語もシンクロしていておもしろい!裏表紙に驚くやらニンマリするやら。絵本のすみずみまで楽しめる素敵な絵本でした。

検索キーワード: ものを大切にする心 おじいさん おじいちゃん ねずみ ネズミ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
おしゃべりな毛糸玉
おしゃべりな毛糸玉おしゃべりな毛糸玉
(2007/01)
沢田 俊子、小泉るみ子
文研出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
うめばあさんは、山のふもとの 一けんやに、
たった ひとりで すんでいます。
おばあさんは、やさいや 花を そだてるのが
とっても じょうずです。
「土をさわっていると、ちからが わいてくるわ。」
山道で みつけた やまぶどうの つるで かごを
あんでみたり、ぬのを つないで、パッチワークを
してみたり……。
おりょうりだって、とくいです。
おばあさんは、なにやかや たのしみを
みつけながら、のんびり
くらしていました。

全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書

出版社より 対象年齢 幼児から小学校低学年向き

うめばあさんは、家族の古いセーターなどの毛糸をほどいては、ほかのものに編み直してきました。古い毛糸のつなぎ目は、大切な人たちとの思い出のつなぎ目でもあったのです。

お年寄りの思いや、その生活に想像をめぐらせながら、物を大切にすることが人の心を豊かにしてくれることに気づかされる作品です。

作者からのメッセージも必ず読み聞かせました。ものがあふれる時代に育った子どもたちへ聞かせたい良い言葉がならんでいました。この絵本はもしかしたら、お年寄りへの読み聞かせ会でぴったりの作品ではないでしょうか。きっと100%共感されることでしょう!

全て読み終わって、気持ちがほっこり。あたたか~い気分で眠りにつける良いお話絵本でした。

検索キーワード: ものを大切にする心
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ちいさいいすのはなし
ちいさいいすのはなしちいさいいすのはなし
(2006/11)
竹下 文子、鈴木 まもる
ハッピーオウル社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくは、いすです。
ちいさい こどもようの いすです。
いすに なるまえ、ぼくは、ざいもくでした。
もっと もっと まえは、やまに たっている
いっぽんの きでした。
でも、きだった ときの ことは
ぼんやりとしか おぼえていません。

日本図書館協会選定図書   
全国学校図書館協議会選定図書
日本子どもの本研究会選定図書

泣けました...!いまだに最後のページになると声がつまります。小さいいすの語り口で進む感動のお話。もう小さくなったからと持ち主に捨てられて...

一冊の絵本なのに、良質の映画(or ドラマ)をみているようでした。お話にオチ?があって、そのしゃれた展開に思わずうなりました。「ものは大切にしよう」と子どもに教えなくても、この絵本をくり返し読んであげるだけで伝わるんじゃないかなと思います。

しみじみと奥深い。愛にあふれた作品。非常に読みごたえがありました。

検索キーワード: ものを大切にする心
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ちいさなくれよん
ちいさなくれよん ちいさなくれよん
安井 淡、篠塚 かをり(1979/01)
金の星社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おれて みじかく なった きいろい くれよんが、
くずかごの なかに すてられました。
「ぼく、まだ かけますよ。まだ、きれいに
ぬれますよ」
おおきな こえで よんだけれど、だれも
ひろいに きて くれません。
「よーし、ぼく ひとりで でて いこう。ぼくは
まだ まだ やくに たつんだ」
えんがわの むこうは、おひさまの あかるい
ひろい せかい。
「そうだ。あの ひろい そとへ、でて みよう。
なにか ぼくの やくに たつ ことが、
あるかもしれない」

心に残る名作です。ずいぶん昔に読んだ絵本でしたが、今でもその輝きは失うことがありません。

自分のことはかえりみず、まだまだ人の役にたちたいと、けなげに生きるクレヨンの姿を、子どたちはどう心で感じたでしょうか。くり返しくり返し読み込むことで、ジワジワ心にしみこむようなお話です。

ラストシーンは、とても物悲しいけれど、夢があって好きです。絵本を閉じてしばらく何も言葉が出ないのは、私だけでしょうか(^_^;)。余韻がすごいです。

くれよんのくろくんこちらもおすすめ

くれよんのくろくん

黒いろのクレヨンだって
役に立つんだ!
こちらも良いお話です


検索キーワード: 物を大切にする心 人の役に立つ 
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
もったいないばあさん
もったいないばあさん もったいないばあさん
真珠 まりこ (2004/10)
講談社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おさらの うえの たべのこし
おちゃわんに ついた ごはんつぶ
もったいなーいと いって くるよ

「もったいない、もったいない」は、わが家でも流行語になりました!ものを大切にする心を育てる絵本です。

もったいないばあさんかるた

↑かるたも人気です。



↑やぶれにくい厚紙製。
「もったいないばあさん」と内容は似通っています。

検索キーワード: ものを大切にする心
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌