生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
童謡カード
子どものセンスは夕焼けが作る

著者の山本美芽氏は音楽ジャーナリズムに身をおくライターです。「子どものセンスは夕焼けが作るは、日常生活のなかでセンスを伸ばす習慣や方法について書かれた良書。ちょっとした親の心がけで感性の優れた子どもが育つといいます。

楽天ブックスで検索

当時2歳だったお嬢さんの子育てを通して得た生の情報は、私たちの生活のヒントになることばかりで、もっと早くにこの本に出合いたかった!と悔やみます。

美的センスや色彩センスの伸ばし方だけでなく、音楽センスに言及しているのは、 著者の本業が「音楽」だからでしょう。

著者は、大学院院時代に、音楽教育を専攻されたそうです。日本のスズキ・メソード、絶対音感の江口メソード、ダルクローズのリトミック、フランスのソルフェージュ教育 「フォルマシオン・ミュジカル」など、世界各地のさまざまな早期音感教育メソッドについて調べてこられたとのこと。

そして、最終的にこういう感想に行きついたといいます。
 ↓  ↓  ↓
結局は、いろんな歌をたくさん歌ったり、拍子をとったりすればいい

さらに...
≪毎日≫≪大量≫の歌を≪親子で一緒に≫歌うことが、音感の大切な基礎となる

歌といっても、どんな歌でもいいというわけではありません。 どんな歌がいいのでしょう?答えは、ズバリ、童謡。童謡は音域が狭いので、音域が狭い幼児にぴったりだと言います。

童謡はあらゆる歌の基礎
なんだそうです。

子どもは親といっしょに歌うというのが、よい音感を身につける訓練になるといいます。誰かとリズムやタイミングを合わせる練習は、将来的には伴奏を聴きながら歌う力の基礎になるそうです。「げんこつやまのたぬきさん」「ずいずいずっころばし」「おちゃらかほい」など、手遊びがあるものもあなどれません。「歌」と「手遊び」を連動させることは、歌いながら拍子をとったり、ピアノで左手と右手で違う演奏をするといった動作の基礎ができるからだそうです。

赤ちゃんのころ、童謡CDはよくかけていましたが、ただ聞かせるだけでした。
≪毎日≫≪大量≫の歌を≪親子で一緒に≫歌うことがポイントだったとは!本当に目からウロコです。

そういえば、うちは生後6ヶ月から七田式幼児教室へ通っていたのですが、レッスンで先生が童謡カードを見せて、毎週歌っていました。まさにこちらのカード(↓)を使って。週1回、教室で歌うだけでは不十分だったのですね。毎日、家庭で、大量に、親子で歌うことが大事だったのです。


CD付き 童謡カード 第1集

楽天ブックスで検索(送料無料)
アマゾンで検索(送料無料)


CD付き 童謡カード 第2集

楽天ブックスで検索(送料無料)
アマゾンで検索(送料無料)


CD付き 童謡カード 第3集

楽天ブックスで検索(送料無料)
アマゾンで検索(送料無料)

他にも、非常に具体的なノウハウがこの本にはたくさんつまっています。親子で歌う時の声の出し方のポイント、おすすめの幼児向け音楽番組、おすすめの音楽玩具など...本当に、もっと早く知りたかった~!と絶叫したくなります。

さて、私は即行動派なので...
さっそく「童謡カード(3集)」を楽天ブックスで購入してみました。楽天ブックスだと一つでも送料無料です。

CD付き童謡カード

CDは57分31秒あり、本格的。ただ、CDに合わせてカードを見ながら歌うという主旨ではなく、CDはCDで聞く、カードはカードで親子で歌うというものです。

3集は、長めの歌が入っていますので、ぴったりだったと思います。 「クラリネットを こわしちゃった」「大きな 古時計」 「真っ赤な 秋」 「笑いかわせみに 話すなよ」 「ピクニック」を気に入り、 カードを見ながら毎日親子で歌っています。

娘は5歳(当時)で幼児すれすれ。 息子は7歳(当時)ですが、幼児みたいなものです(笑)。今からでも遅くないと信じて、始めてみたいと思います。でも、また「毎日やること」が増えちゃいましたね~(ク~~~)。

さあ、音楽教室に通う前に、ピアノを習う前に、日常生活でできることはたくさんありそうですね。いや、日常生活こそが、子どもに音楽センスをつける格好の場なのかもしれません。

検索キーワード: 童謡
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
子どもとお母さんのための童謡
七田式のすすめで、赤ちゃんの頃は毎日15分程度、童謡のCDをかけて楽しんだものです。童謡の持つ単調でくり返しのリズムが、赤ちゃんの耳には心地よいと教えられました。毎日同じ曲をかけると、赤ちゃんの音感が育ち、音楽好きに育つそうです。赤ちゃん時代にこそ、童謡に親しみ、親子でいっしょに歌って楽しみましょう!

子どもとお母さんのための童謡 子どもとお母さんのための童謡 (2冊セット)
(2006/03)
講談社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

なつかしい歌から今の子どもたちに人気の歌まで計120曲を厳選し、いもとようこさんが心あたたまる絵を描き下ろした、とてもぜいたくな一流童謡絵本です。『子どもとお母さんのための童謡』2冊をケースに収めたセット。プレゼントや家庭での保存版として最適です。

↓CDもあります(別売)。絶対CDも欲しいですね!絵本と同じ収録内容です。

子どもとお母さんのための童謡 ~ないしょばなし 子どもとお母さんのための童謡
ないしょばなし

童謡・唱歌、斉藤伸子
(2006/03/08)
キングレコード
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索


子どもとお母さんのための童謡 ~いぬのおまわりさん 子どもとお母さんのための童謡
いぬのおまわりさん

童謡・唱歌、斉藤伸子
(2006/03/08)
キングレコード
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索


検索キーワード: 童謡

テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。