生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
キャンプ!キャンプ!キャンプ!
キャンプ!キャンプ!キャンプ!キャンプ!キャンプ!キャンプ!
(2014/07)
青山 友美
文研出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
よるの10じ30ぷん。いまから キャンプに
いくんだって。おとうさんは ウキウキと にもつを
つんでいたけれど、ぼくは ねむくて ねむくて
くるまに のりこむと すぐ ねてしまった。

出版社より 対象年齢 5~8才

お友だち家族と自然の川辺で一泊のキャンプ。その様子を語った絵本。オチもなく教訓もなく、ただ淡々と進むお話でしたが、一緒にキャンプに行った気分になれたところがよかったです。
スポンサーサイト
ぼくはいかない
ぼくはいかない ぼくはいかない
柴田 愛子、伊藤 秀男 (2003/04)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼく、しんたろう。
まいにち こどもたちの あそびば
「あそび島」であそんでいます。
きょう、「あそび島」にいくと、
”ぺガススの家”のはなしを していました。

親元を離れて子どもだけのキャンプへ行くか行かないか。幼い子の心の揺れがうまく出ていると思いました。最後のページに胸がジーンとしました。成長したのね~。

息子が小1の春休みに、生まれて初めて2泊3日の林間学校へ参加しました。その準備としてタイムリーに読み聞かせただけあり、主人公の気持ちにたいへん共感したようでした。

検索キーワード: キャンプ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌