生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳を創る読書
脳を創る読書脳を創る読書
(2011/12/17)
酒井 邦嘉
実業之日本社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

「国語の力は音読を聞いただけでもかなりよくわかる」のだそうです。活字だけを追うようにとぎれとぎれに読む生徒は、「文法や構造に関する運用能力が身についていない」証拠。文節の間で何度もとぎれるようであれば、「単語の意味を理解するのに時間がかかっているかもしれない」。

音読のうまい子は、内容がわかっているだけでなく、周りにもわかるように読めている。つまり、「文章の朗読にあるにもかかわらず、自分の言葉として話せているということでもある。」

どうすれば音読がうまくなるのでしょうか?それには、やはり読書。幼い子には読み聞かせだと私は思います。普段から作中人物に自分を重ね合わせながら読んでいると、音読のときでもそのまま自然にできるのだと。「本をたくさん読めば読むほど、自然と音読がうまくなる」とあります。

うちの英語教室の生徒が英語絵本を音読するのを聞いていても、やはり同じようなことが言えます。普段から読書をよくする生徒は、英語であっても文章を読むのがとても上手い。感情を込めて読めるのでとても聞きやすい。ひとえに...言語能力の高さではないでしょうか。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
音読のコツ
脳が最も活性化するのは、何をさしおいても、音読をしている時なんだそうです。「子どもを賢くする脳の鍛え方-徹底反復読み書き計算 / 川島 隆太」を読んで、認識を新たにしました。

「「音読」すれば頭がよくなる」の項目では、子どもの教育で重要なのは、右脳とか左脳とかではなく、その両方にある「前頭前野」を鍛えることだと指摘しています。

そして、その効果的な鍛え方が、唯一「音読」だというのです!毎日継続して行うと、「学力」がアップし、「判断力」や「コミュニケーション能力」などの生きる力もついてくると書かれています。
さて、どうして「音読」が脳を活性化させるのでしょうか。

音読は、「聞く」「読む」「話す」の3つの行為で成り立っているからといいます。言語には、「聞く」→「話す」のパターン(音声的言語)と、「見る」→「書く」のパターンが(意味的言語)があるそうです。
音読は、文章を見て読み、読んだ声を自分の耳で聞く。3つの行為を同時にするから、前頭前野が著しく活性化するのだそうです。

男の子を伸ばす母親は、ここが違う! / 松永 暢史」(松永暢史著)にはこうあります。音読は、「よくできた文章を声に出して読むことで『文章はどのようにつくられているか』を効率よく頭にいれることができる」。

助詞や助動詞、つまり「て・に・を・は」をどこでどう使うか、なかなか理屈で覚えられないことを、くり返し文章を読むことで感覚的に身につけることができると教えてくれています。国語力を上げるために、作文と並んで「音読」は欠かせない学習法なのですね。

うちの家庭学習も、通塾(年中~)をきっかけに、やり方を変えました。学習を始める前に、子どもに音読をさせます。当時4歳の娘は、毎日、俳句・詩・わらべ歌(塾の宿題)を音読していました。小1(当時)の息子は、学校の本読みの宿題に加え、かなり長い物語(塾の宿題)を涙ながらに(笑)音読します。

音読のようなウォーミングアップをしてから、メインのワークに入ると、子どもの脳が活性化して、普段のときより2割増しの記憶力や認知力が生まれるんだそうです。これもある程度時間をクリアしないと効果がありません。時間については、「子どもを賢くする脳の鍛え方」をお読みください。

さて、親子で音読する際に、大事な心構えやテクニックがあります。小学生の音読の宿題にも当てはまります。塾のカリスマ先生から伝授してもらった秘訣を公開しましょう!

1. 毎日やる!
長期間継続して毎日行うことで、絶えず脳は鍛えられ、その機能が向上するのだそうです。

2. 相手にわかりやすく読む
小さな声で一人ボソボソと読ませてはいけません。親子で向き合い(お母さんは家事の手を休めること!)、ちゃんと聞いてあげることです。

3. 声は大きく、ゆっくり、はっきりと発音、文節は区切る
読むスピード、声の大きさ、はっきり、かつ丁寧に読めているかどうかチェックしてあげてください。読みながらしっかり文章の意味をとっていくよう、区切りも意識させます。分かち書きや句読点で切りながら読ませます。早口でササーッと読んだり、モゴモゴ読んでも、何の効果もありません。

さあ、さっそく音読を始めましょう!はじめての音読には、このテキストがいちおしです。私も購入し、娘が取り組んだ音読のためのテキストです。これで発声練習をして、音読ドリル(次ぺージ)に取り組むのが理想です。自分で読めるまで、親が読み聞かせしてあげるといいでしょう。

親子音読ペア絵本 いっしょによもうよ 親子音読ペア絵本 いっしょによもうよ
川島 隆太 (監修) (2004/06)
学習研究社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

中身。このようなカラフルなページもあります。
いっしょによもうよ・中身
「親の本」には、同じ内容に加え、解説や指導のポイントが書かれています。

検索キーワード: 音読
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
七田式音読ドリル
市販の七田式ドリルに「おんどく」(4・5歳対象)があります。当時年中(4歳)の娘が通っている塾で使用しているテキストと同じような内容で驚いています。8月の音読プリントは、「しゃぼんだま」でした。メロディーにのって歌うように音読します。



幼児の脳の発育を促進させるカリキュラム七田式・知力ドリル【4・5歳】おんどく(音読)
  
このドリルは48ぺージ。唱歌、グリム童話、イソップ物語、日本昔話の一部、文章が書かれています。例えば、1ページ目は、唱歌「むすんでひらいて」。

  むすんで ひらいて
  てを うって むすんで
  またひらいて てを うって
  その てを うえに
  むすんで ひらいて 
  てを うって むすんで

唱歌は他にも、「春がきた」「しゃぼん玉」「かたつむり」「七つの子」などおなじみの歌です。

21ページ目は、日本の昔話「桃太郎」。



3・4歳向け七田式音読ドリルもあります(↓)。4歳の娘の、はじめての音読のために購入しました。46ページのドリルで、1ページずつ、よく知っている早口言葉やわらべ唄が大きく書かれています。ページを進むごとに語数が多くなっていきます。1ぺージ目は「すももも ももも もものうち」。46ぺージ目は、はないちもんめです。

娘の反応は上々で、タイマーで時間をはかってやりましたが、ターゲットの時間を過ぎても「もっと読みたい!」とやる気まんまんでした!



幼児の脳の発育を促進させるカリキュラム七田式・知力ドリル【3・4歳】おんどく(音読)



七田式では、何度も音読し、暗唱することが脳の活性化につながるとしています。
やり方は、
1)まずくり返し大人が読んで聞かせる。
2)親子で一緒に読んだり、1行ずつ交互に読む。
3)音読ができるようになったら、文字を見ずに言えるようにする。

大事なのは、毎日継続して取り組むことです。おすすめのやり方として(当時年中の娘の塾で教わった方法です)、最初に発声練習をします。「あ・い・う・え・お」等の発音は、歯切れよくスタッカートをきかせます。最初に「親子音読ペア絵本 いっしょによもうよ / 川島 隆太 (監修)」を使うといいでしょう。全部読まずに、数ページのみ。

続けて、上の「おんどく」に取り組みます。こちらをメインワークと位置付けるといいでしょう。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
赤ちゃんに音読させる秘法!
音読をすると脳は活性化すると言われています。脳の活性化とは、脳への血流が増え、頭が回転することです。結果として記憶力・創造性・集中力などがアップするということです。

ある脳力開発ワークショップに参加したことがあります。幅広い脳力開発法を指導されている講師の先生が、こう言いました。「言語を操る脳の働きを強くする」のが、「音読」です。言い換えれば、「言語の脳は、音読で活性化する」ということです。」

でも...
音読をするのは、自分で文字が読める子に限られますよね。じゃあ、文字を読めない幼い子どもには、どう働きかけたらいいのでしょうか。自分で文字が読めるようになってから、始めても遅くはないのでしょうか。何か替わりに、もっと早い段階で始められる方法はないのでしょうか。

あなたも知りたいでしょ!?

ワークショップが無事終わり、ホッと一息つかれている講師の先生にドカドカと(文字通り!)詰め寄った私は、疑問に思っていたことをぶつけました。300名ほどの参加者が聞き逃した、大事なポイントをまさに先生から直接伝授してもらったのです。(本当に気持ちよく、さわやかに応えてくださった先生に感謝!しかも、ハンサムゥ♪ おばちゃん(=私♪)まっか!)

先生は、いきなり、ユダヤ人の例を出されました。ユダヤ人は、一般に多言語を操る知能の高い人々と言われていますよね。教育熱の高い「教育ママ」にユダヤ人の名前が上がることもしばしばです。ユダヤ人は、子どもが幼少の時から、親が子どもをひざにのせて「タルムート」と呼ばれるユダヤ教の聖典を読んで聞かせるそうです。

先生は、「それが頭をよくする秘訣です!」と言いました。
つまり、いいですか...

読み聞かせ!!
ただし、ふつうに読み聞かせしただけではダメ。親が、子どもに速音読をしてあげてください、と言われました。

「速音読」とは...
1. できるだけ大きな声で
2. はっきりと
3. 速く


時間は5~10分。通常の速さで読むのではなく、速く読む。脳に負荷をかけることで、文字通り脳を「鍛える」ことになるそうです。ただ、親が読み聞かせするよりも、子ども自身が音読する方が、効果は上とのこと。早くから文字を読めるメリットがもう一つ増えましたね。

最後に先生は自ら付け加えられました。
必ず毎日続けることです!
ま、毎日ねェ...(~_~;)下の子をひざにのせ、さっそく音読を始めました。自分で文字が読めるようになってからは、毎日音読に取り組ませています。楽になりました♪!

赤ちゃんにも音読!始めてみませんか?絵本もいいですが、5~10分もの時間、続けて速音読するのは大変!実際やってみると長いものです!(経験済み)

子ども版 声に出して読みたい日本語 5 ややこしや 寿限無 寿限無/言葉あそび」は、当時3歳の娘にしっかり速音読した絵本です。

子ども版 声に出して読みたい日本語 5ややこしや 寿限無 寿限無/言葉あそび 子ども版 声に出して読みたい日本語 5
ややこしや 寿限無 寿限無/言葉あそび

田中 靖夫 (2004/12)
草思社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

ふつうの文章を読み聞かせるのにおすすめ。国語の教科書にのっている絵本を読み聞かせましょう。実際に教科書を買ってきてもいいですね!学校では、絵本の中身が教材になっています。意味を解釈し、文章の構成、ことばを学習し、暗唱するまで何度も音読します。

いくつかのお話を一冊にまとめた単行本もあります。「しんこころにのこる1ねんせいのよみもの」と「りかやさんすうがすきになる1ねんせいのよみもの」はカラフルな挿絵もあり、おすすめです!

しんこころにのこる1ねんせいのよみもの  

検索キーワード: 音読
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。