生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリーヒントゲーム(学研)

(↑)スリーヒントゲーム(学研)

思えば、知育玩具にどれほど投資したことでしょう。わが子は二人とも生後6ヶ月から3歳まで七田チャイルドアカデミーに通っていましたから、授業で使われた教材やおもちゃは、真似をして片っ端から買っていました。コップがさね、かえるのひも通し、パズル類、妙妙板、ニキーチンの積み木など。

週1回教室で触れさせるのではもったいないと思っていましたので、毎日同じように家で遊ばせていました。かるた類もたくさん持っていますが、そのうちの一つで、スリーヒントゲーム(学研)をご紹介します。教室経由で七田のカタログから購入したカルタです。

3つのヒントをもとに、ぴったりの絵札を探す遊びです。集中力・思考力・推理力を養うことができます。

実は、娘が通った保育所でも、スリーヒントかるたをやっていました。保育士さんに聞いてみたところ、年少後半~年中さんが適齢だそうです。年少前半だと、最初のヒントで取りにいってしまうかもしれないとのこと。年長さんには簡単すぎます。さっさと終わりすぎておもしろくないかもしれません。

確かに娘には塾のワークは簡単すぎて、あまり考えずに(=思考力)正解していました。

☆娘が進学塾の年長クラスで取り組んだワーク



詠み札が詠まれるのをじっと聞いて、サッと正解のカードを取りに行くわけですが、「聞く」という行為は、「集中力」を伴います。また、「語い力」と「文章理解力」がなければ、正しいカードを取ることはできません。

人の話を聞く技術は、たいへん重要です。後天的な能力であり、徐々に教え込み、開発していくべきもので、一朝一夕に身につくものではないと言われています。

英語を教えていて、いつも思うのですが...聞かなければならない時、私の口元を見て真似して発語しないといけない時に、ちゃんとできる子どもが本当に少ないです。うつむいていたり、違うところを見ていたり、他のことをしていたり...集中力が足りません。

幼児教育は本当に大事だと痛感します。遊びを通して「聞く力」や「集中力」を楽しく伸ばすことができれば、最高ですよね☆

れんそうかるた

(↑)れんそうかるたれんそうかるたもあります。

かるた 売れ筋ランキングへ
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
にほんごであそぼ 四字熟語かるた
2008年1月25日発売のにほんごであそぼ 四字熟語かるたが届いて一週間。カルタって、スゴイ!!思わず口に出ました。

息子はものすごい吸収力でスイスイ四字熟語を覚えています(全部で50)。娘(当時年長)に比べ、小2(当時)ですので読める漢字も多く、年齢的に思考力や判断力がより発達しています。「カルタは楽しい」らしく、毎日のように「四字熟語かるたやろう!」と言いにきます。小学生にぴったりの楽勉教材ではないでしょうか。

にほんごであそぼ 四字熟語かるた

楽天市場で検索

しかし...カルタを始めると、次第に娘が荒れてきます(笑)。しまいには、「お兄ちゃんに負けるもん...!」と言って大泣き。「やめる。」と口では言っても、本心はやめたくないのでよけいにぐずり、自尊心を傷つけないようになだめるのは大変です~。取る札は絵札で、字札を取らせているわけではないのですが...

なので、わが家はもっぱら「ババ抜き」です。(↓)これなら娘も負けません。絵札と字札でペアができますので、ババ抜きにぴったりです。空白の予備札をババにしています。ペアになった時、声に出して四字熟語を読み上げるのが、わが家のルールです。

にほんごであそぼ 四字熟語かるた

また、神経衰弱も人気です。(↓) めくった札はその都度声に出して読みます。白黒のシンプルな絵柄ですが、想像する以上に頭に残るものです。これであっという間に示唆する意味とことばを感覚的に覚えてしまいます。

にほんごであそぼ 四字熟語かるた

息子は、本棚から学習漫画ちびまる子ちゃんの四字熟語教室を取り出し、「おもしろい!」と言っては毎日むさぼるように読んでいます。今までもちょくちょく読んではいましたが、今回のような「爆発的な」興味・関心を持って読むことはありませんでした。タイミングって大事ですね!連動しているテレビ番組も喜んで見ます。

ちびまる子ちゃんの四字熟語教室 ちびまる子ちゃんの四字熟語教室

楽天ブックスで検索

さらに、頻繁に四字熟語を日常で使うようになりました。「また無我夢中でパソコンしている」だとか「意気消沈した」「五里霧中だ!」「油断大敵だよ。」などとにかく使ってみたい。私がその都度「お・見・事!!」とおおげさにほめるので、もっとやる気を燃やしているようです。

子どもはカルタが大好きです。カルタで「遊んで楽しい!」と思うと、よけい身につくのでしょうか。習い事も「イヤイヤやっても身につかない」と言いますが...声に出して読むことも効果的なんだと思います。本だと黙読です。黙読より音読のほうが学習効果が高いと言われています。取り手も耳をそばだて必死で聞こうとしますから、人の話を聞く力や構え、集中力が育ちます。

四字熟語は中学受験や漢字検定(1級~5級)にも必要です。息子が通う進学塾では、2月から始まる小3クラスから登場します。もちろんそれだけではありません。四字熟語を知っていれば言葉が豊かになり、教養が身につきます。カルタで楽しく遊びながらスイスイ覚えていければ最高ですよね!

かるた 売れ筋ランキングへ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
日本のことわざかるた
日本のことわざかるた 日本のことわざかるた
西本 鶏介、いもと ようこ
(2002/11)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

絵カードのかわいさに一目ぼれしました。数多いレビューを信じて、えいっ!即行で届きました。



想像した通り、かわいい♪心配していたゴチャゴチャ感もなくて、非常にシンプル&美しい!手ざわりもよく、角は安全に丸くカットされています。

絵ふだは、44枚。子どもに親しみやすく、今もさかんに使われているものを選んでいるそうです。ひらがなカルタにもなるし、これでひらがなを覚えさせたら、一石二鳥です。

絵ふだの裏には、ことわざの意味が書かれています。また、間違った使い方をしてはいけないとの配慮で、どうやって文中で使うのか、例文が載っているのもうれしいです。さっそく一日一枚、読み聞かせの時間に読み上げることにしました。



↑ 親子で真剣勝負!されど息子には勝てません(^_^;)

さて、小学5年生で出てくることわざ学習。つまづきやすい学習項目の一つなんだそうです。中学受験にも必要です。

対策としては、1)カルタや学習漫画などで遊びながら覚える、2)日常生活で使う、ことが考えられます。
楽しく覚えた後は、実際に使って自分のものにすることが大事なんですね。

ちょうど今、娘は進学塾の年長クラスでことわざを学習していました。んッ! 5年生まで何年もあるのになぜ今!?と思われるでしょうが...暗記で覚えるのではありませんから、負担が少なく、楽に身につくのです。遊びを通して「感覚的に」身に入る今だからこそ、意義があるのだと思います。

学校では、ことわざを覚えるために、カルタ遊びなんてしてくれません。そんな時間的余裕はないでしょう。やはり、求められているのは「家庭教育力」。幼児期にいろいろな言葉に触れておくと、学力の容量が大きくなります。



↑ ちなみに、塾の年長クラスでは、毎週このようなプリント「いろはがるた」1枚が配られました。家で丁寧にぬりえをして、切って台紙に貼り(表裏)、塾に持って行きます。ことわざの意味は、授業中に先生から習います。自分たちで作った手作りカルタも格別です。



かるた 売れ筋ランキングへ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ぐりとぐらかるた
ぐりとぐらかるた ぐりとぐらかるた
中川 李枝子
山脇 百合子
(2002/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る

楽天市場で検索

愛子さま(当時5歳)がこのかるたで遊んでいらしたVTRが公開されました。かるたの絵がかわいいですね。大人の方がうれしいかも^^。「ゆきのひゆかいなゆきだるま」「おしくらまんじゅうおせおせおおかみ」など、語呂も軽快。これも重要ポイントです。

かるた 売れ筋ランキングへ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
アンパンマンにこにこかるた
アンパンマンにこにこかるたアンパンマンにこにこかるた
(1998/01)
やなせ たかし
フレーベル館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

アンパンマン大好きっ子に!(うちの上の子もかつてはそうでした!)かるた遊びがまだ上手にできない2歳くらいでも、ひらがなに触れさせるためにカードで遊んであげると、あっという間にひらがなを読めるようになるかも。なんせ、子どもはカード類が大好きですから。

かるた 売れ筋ランキングへ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。