生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの
モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものモモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものモモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの
(2016/10/26)
ふくざわ ゆみこ
文溪堂
商品詳細を見るモモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
もりの まんなかにある ポストに サンタさんへの てがみが とどきました。
5ひきの ネズミの きょうだいからです。

モモンガのはいたつやさんモモンガのはいたつやさんシリーズ』シリーズ3作目。サンタさんの家がわからず困っていたモモンガの配達やさんのところに、泣いているトナカイさんが現れます。クリスマスならではの温かくて楽しいお話でした。サンタさんも空飛ぶそりに乗って登場しますよ!
スポンサーサイト
しずかなしずかなクリスマス・イヴのひみつ
しずかなしずかなクリスマス・イヴのひみつしずかなしずかなクリスマス・イヴのひみつ
(2012/11)
クレメント・クラーク ムーア
アンジェラ・バレット
BL出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
クリスマス・イヴです。
いえじゅうが しずまりかえっています。
ねずみだって ねむっています。

出版社より 対象年齢 3才から~小学校低学年向け

正統派クリスマス絵本。大判です。『クリスマスのまえのばん』で有名な、クレメント・ムーアの詩がもとになっています。絵が極めて美しく、本当にうっとりしました。サンタさんが暖炉につるされた靴下にプレゼントを入れるところ。そりにのってお空へ飛び立つ場面。素敵です~!一生モノの絵本になるでしょう。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
クリスマスの ふしぎな はこ
クリスマスのふしぎなはこクリスマスのふしぎなはこ
(2008/10/10)
長谷川 摂子、斉藤 俊行
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
あれっ、なんだろう、この はこ。あけてみよう。

出版社より 対象年齢 2才から

クリスマスにおすすめの絵本。こどものとも年少版2001年12月号のハードカバー化。七田チャイルドアカデミーに通っていた頃、こどものとも年少版は教材でした。親が1ヶ月間毎日読み聞かせをして、教室で先生が読み聞かせをして子どもたちに暗唱させていました。

息子は2歳くらいでしたが、とにかくこの絵本が大好きでした。1日に何度も繰り返して読み聞かせをねだりました。どうしてそんなにおもしろいのか私にはよくわかりませんでしたが、はこをのぞくと別世界というのがたまらなく魅力的だったのかもしれません。クリスマスの日を待ち望む子どもの純粋な気持ちがよく伝わってくる絵本です。ぜひお試しください。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
クリスマスツリーの12か月
クリスマスツリーの12か月クリスマスツリーの12か月
(2010/11/12)
エレン.ブライアン・オベッド
アン・ハンター
講談社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
クリスマスツリーは、
どんな1年をすごしているのでしょう。
1月のクリスマスツリーをすきなのは、だあれ?

クリスマスツリー農園で大切に育てられるモミの木。植物と生き物たちの『共存』に気づかされる上質の絵本です。文章は長いので、小学生以上ならじっと集中して耳を傾けられるでしょう。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
クリスマスツリー
クリスマスツリークリスマスツリー
(2010/11)
吉村 和敏
アリス館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
けさ、今年はじめての雪が降りました。
小さな村が、見る見るうちに白くそまっていきます。
これから、寒さのきびしい、長い冬の季節がはじまるのです。
でも、人びとの心は高鳴っています。
そう、クリスマスが近づいているからです。
12月25日のクリスマスは、イエス・キリストの誕生日。
1年のうちでもっとも大切なこの日は、家族がそろい、
みんなでお祝いをするのです。
さあ、クリスマスをさがしに、旅をしてみましょう。

クリスマスの写真絵本。カナダやヨーロッパの美しいクリスマスツリー。豪華な写真で、意味や作り方も紹介されています。まわりには、家族がいて、人のぬくもりや愛情が伝わってくる絵本でした。

文章が長く、ページ数も多いです。幼いお子様には写真を見せるだけでも楽しめると思います。
となかいはなぜサンタのそりをひく?
となかいはなぜサンタのそりをひく?となかいはなぜサンタのそりをひく?
(1994/11/07)
モー・プライス、アツコ・モロズミ
岩波書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺ-ジ】
ずっとむかし、よあけのもりのなかを、サンタ・クロースと、
ようせいのエルウィンが、はしっていました。
「いそげ、エルウィン、もうすぐ、ひがのぼる。
クリスマスのあさだぞ。」
サンタ・クロースがいいました。

出版社より 対象年齢 小学1.2年以上

クリスマスに読みたい絵本。どうしてトナカイがサンタ・クロースのそりをひくようになったのかを教えてくれます。

なんといっても、絵が美しいの一言!品があります。トナカイがそりをひいて空を飛んでいる最後のページは、とても綺麗で、感動しました。

お話も難しくなく、文章も適度な長さで楽しめ、何度も読みたくなります。淡い色彩ながら、大判なので、おおぜいへの読み聞かせにもぴったりだと思いました。
クリスマスのかね
クリスマスのかねクリスマスのかね
(2009/10)
レイモンド・M・オールデン、竹下 文子
教育画劇
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかしむかし、とおいくにの あるまちに
おおきな きょうかいが ありました。
きょうかいは、まちのまんなかの おかのうえに
たっていました。まいしゅう にちようびになると、
おおぜいのひとたちが、ありのように れつをつくって
おかをのぼって おいのりにやってきました。

原作が牧師さんらしいお話です。真心や愛に勝る捧げ物はないのだと教えてくれます。クリスマスの美しい鐘の音はどんな音色なのでしょう。娘(当時小2)と想像して楽しみました。文章は長めです。

検索キーワード: クリスマス絵本
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ハモのクリスマス
ハモのクリスマス―ハムスターがみつけたたからもののおはなしハモのクリスマス
―ハムスターがみつけたたからもののおはなし

(2008/10)
たかお ゆうこ
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ハモは ケイちゃんの ハムスター。

出版社より 対象年齢 4才から

ハムスター好きにはたまらないクリスマス絵本。ハムスターのハモは、ある晩、小さな小さな女の子が泣いているのに出会い、助けようとします。一生懸命で優しいハモ。お話がしっかりしていて、楽しめます。

ハモの特に眠っている姿がかわいらしくて(まるで本物の様)ほおずりしたくなります。全体の絵もとても美しく、目の保養になりました。

検索キーワード: クリスマス
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
サンタクロースはおもちゃはかせ
サンタクロースはおもちゃはかせサンタクロースはおもちゃはかせ
(2006/10/20)
マーラ・フレイジー
文溪堂
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
こどもの ことなら、
なんでも しってる。
サンタクロースは
せかいいちの
こどもはかせなんだ。

全国学校図書館協議会選定図書

大人も子どもも男女を問わず一緒になって楽しめる愉快なクリスマス絵本。なんともアメリカの絵本らしい、ポップでユーモアあふれる作品です。

サンタクロースのお仕事を描いた内容で、おもちゃやプレゼントがたくさん出てきます。私が気に入ったのは、包装紙が壁一面に描かれているぺージ。思わず「うゎ~!」と声が出てしまいました。文章は短いので、小さなお子様も楽しめます。

Santa Claus The World's Number One Toy Expertこちらもおすすめ

Santa Claus The World's Number One Toy Expert

英語でも読みたい!


検索キーワード: クリスマス
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
アンナの赤いオーバー
アンナの赤いオーバーアンナの赤いオーバー
(1990/12)
ハリエット・ジィーフェルト
アニタ・ローベル
評論社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
「戦争がおわったら、あたらしいオーバーを買ってあげようね」
去年の冬、お母さんがいった。アンナの古いオーバーはすりきれてし
まったし、もう小さくなっていたから。
でも、戦争がおわっても、お店はからっぽだ。オーバーもなければ、
食べ物だってない。それに、お金をもっている人もいなかった。

1991年度課題図書(小学校低学年の部)
全国学校図書館協議会選定「よい絵本」
厚生労働省社会保障審議会推薦

出版社より 対象年齢 小学校低学年~

実話をもとに作られたお話です。戦争が終わったら、アンナは新しいオーバーを買ってもらうことになっていました。でも戦争が終わっても、お店はからっぽ、オーバーも食べものも、なんにもありません。そこでお母さんは…? 

ひつじの毛を物々交換することから始まり、糸つむぎ、コケモモで赤く染める作業、仕立て屋さんの手によってアンナの願いがかないます。

アンナの純粋さ、感謝の心が読者の心を打ちます。羊に「毛糸をありがとう。」と声をかける優しいアンナ。オーバーを作るのに協力してくれた人々をもてなすアンナとお母さん。素敵でした。

文章は長くありませんので、読みやすいと思います。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
クリスマスの三つのおくりもの 全3冊
クリスマスの三つのおくりもの 全3冊セット
(1992/12)
林明子
福音館書店
商品詳細を見る

アマゾンで検索
【最初のぺージ】
「ふたつのいちご」より

おかあさんが クリスマスの ケーキを
つくりました。いちごが三つだけ のって
いました。
「もう どこの おみせにも いちごが
なかったの。でも、れいちゃんと、もっくんと、
かすみちゃんの ぶんが あるから
いいでしょう?」と、おかあさんが いいました。
かすみちゃんは おとうさんの かおをみて、

出版社より 対象年齢 3歳から

林明子さんのクリスマス絵本。ちいさなちいさな手のひらサイズ(約12x11cm)の絵本3冊がケースに入っています。赤ちゃん絵本に思われがちですが、内容やページ数、文章の長さから見てもやはり3歳以上が適当でしょう。

3姉妹弟がそれぞれ主人公になった心温まるストーリー。女の子は優しくてかわいらしいお話で、男の子は、男の子らしい元気で愉快なお話。私が一番気に入ったのは、長女かすみちゃんのお話「ふたつのいちご」。

ふたつのいちご

優しくて思いやりのあるかすみちゃんに心癒されました。家族のあたたかさが伝わってきて、心がホカホカしました。

検索キーワード: クリスマス絵本 かすみちゃん もっくん れいちゃん
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
トリフのクリスマス
トリフのクリスマストリフのクリスマス
(2001/12)
アンナ・カリー、松波 史子
くもん出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
もうすぐ、クリスマスです。
こねずみたちは、サンタさんに てがみを かきおえました。
でも、トリフだけは まだです。
サンタさんに なにを おねがいするか、
きまらないのです。

出版社より 対象年齢 幼児から

かわいいねずみたちの、クリスマスの夜の優しいお話です。うちはハムスターを飼っていますので、ねずみが出てくる絵本は大好き。この絵本は、それだけではなくて、ストーリーも絵も素晴らしい心温まる大判絵本。親子で気に入りました。

自分が欲しいクリスマスプレゼントは我慢して、弟や妹たちのために新しい毛布をと願うトリフ。途中ハラハラドキドキする場面もあり、サンタクロースが登場する場面はファンタジーにあふれ、うっとりします。

良い絵本だったので、洋書を購入しました。クリスマス会にネイティブ講師から読み聞かせしてもらいたいと思っています。たっぷり生の英語を聞くよいチャンスです。

Truffle's Christmas

ペーパーバックはこちら

検索キーワード: クリスマス絵本
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌