生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きつねのたなばたさま
きつねのたなばたさまきつねのたなばたさま
(2003/05)
正岡 慧子、松永 禎郎
世界文化社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
「あっ、おかあさんだ! おかあさーん」
こぎつねは、おおごえで よびました。
でも、どう した ことでしょう。
おかあさんあは、うしろを ふりむき ふりむき、
だまって そらを のぼって いきます。
「まって! いかないでー!」
こぎつねが いくら さけんでも、おかあさんの
すがたは ちいさく なるばかり。
あああ……。
おかあさんは とうとう、くもの なかに
きえました。

ごんぎつね」「きつねのおきゃくさま」「チロヌップのきつね」「おこんじょうるり」「きつねの でんわボックス」...私が今まで読み聞かせた中でも、こんなに涙をさそう、キツネのお話があります。

タヌキじゃあ、こうはいかないでしょうに(!)やはりキツネと涙は昔から縁があるのですね。今回の「きつねのたなばたさま」もしかり。子ぎつねが母を思う心に胸を打たれました。字が書けない子ぎつねが、七夕の短冊に「おかあさんがかえってきますように」と願いを掛ける場面は切なくなります。

願いは叶わなかったけれど、最後は心温まるエンディング。絵もかわいらしいのに繊細で美しく、素敵な絵本だと思いました。文章量はそんなに多くありませんので、園児さんにも充分楽しめると思います。

作者は、後書きでこう添えています。「どうぞ、多くの子供たちがこのお話の子狐とおなじように、淋しさや挫折をのりこえて自立への道を歩んでくれますように……。」子どもたちは口に出さずとも、しっかりメッセージを受け取ってくれることでしょう。

~おすすめ きつねが主人公の切ない絵本~

きつねのでんわボックス チロヌップのきつね 

ごんぎつね 

検索キーワード: 七夕 たなばた きつね キツネ
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
天人女房
天人女房天人女房
(2007/07)
稲田 和子、太田 大八
童話館出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
とんとむかしが あったちゅうわ

童話館の配本「小さいみかんコース」(7~8歳)の一冊

本当に上品で美しい絵本です。太田大八画伯の絵は素晴らしい。じっくり繰り返し味わいたい絵本の代表格です。

織姫と彦星、天の川。七夕の由来について書かれた昔話なので、今の時期読み聞かせするのにぴったりでしょう。長めのお話で読みごたえがあります。当時小2と年長の子どもたちは、心も知性も満たされ、満足そうに物語の世界に浸っていたようでした。

お父さんと引き離された二人の子どものことが気がかりで、わが事のようにずっと心配していました。子どもの視点って、大人と違いますね!

天女のはごろもこちらもおすすめ

天女のはごろも

こちらは文章が長くありません。3歳くらいから楽しめると思います。


検索キーワード: 七夕の絵本 たなばた 日本昔話
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ひ・み・つ
ひ・み・つ ひ・み・つ
たばた せいいち
(2004/06)
童心社
この商品の詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
きょう ゆうきは、しんばあちゃんに こんな
てがみを かきました。
しんばあちゃんは、ゆうきの おかあさんの、
おかあさん。こんどの たなばたさまの ひに
80さいに なるのです。

2005年小学校低学年の課題図書。「さっちゃんの まほうのて」のたばたせいいちさんの作品。親子で満足できる「ものがたり」絵本でした。

表紙からは七夕にちなんだお話なんて想像もつかないけれど、七夕をめぐって、主人公のゆうき君がおばあちゃんのために奮闘するお話。心優しいゆうき君の姿に心を打たれました。

イラストも美しく、特に見開きいっぱいに描かれた天の川のシーンは夢があって素敵です。最後のおばあちゃんの手紙のページに涙ぐんでしまいました。

長いお話ですが、内容が面白いので、子どもたち(当時小2と年長)はよく集中して最後まで聞きます。「おもしろい!」と評判でした。

さっちゃんのまほうのてこちらもおすすめ

さっちゃんのまほうのて

同じ作者たばたせいいちさんの身体的ハンディキャップを考える絵本。評価が高い絵本です。


検索キーワード: 七夕 たなばた ゆうき君 課題図書
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。