生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
干したから…
干したから…干したから…干したから…
(2016/03)
森枝 卓士
フレーベル館
商品詳細を見る干したから…

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
さて、問題です。これ、なーんだ?

出版社より 対象年齢 小学校中学年から

干すことの知識が深まる写真絵本。とにかくわかりやすい!写真もすご~く綺麗。東南アジアの市場で売られているカエルやコウモリ、ネズミの干物にはビックリしました。当時中3の娘も興味津々で聞き入っていました。
スポンサーサイト
タガメのいるたんぼ
タガメのいるたんぼ (ふしぎいっぱい写真絵本)タガメのいるたんぼ
(2013/05/15)
内山 りゅう
ポプラ社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
はるが きて、たんぼに
みずが はいると、
たくさんの いきものたちが
あつまってくる。

出版社より 対象年齢 5歳~

ふしぎいっぱい写真絵本シリーズふしぎいっぱい写真絵本」の一冊。大迫力の写真に目をみはります!「きもちわるッ!!」と言っていた娘(当時小6)でしたが(スミマセン!)、読み終わる頃には深く感動した様子でした。

表紙のタガメは、トノサマガエルを捕食中!リアルな写真に驚くばかり。タガメは大食漢なんだそうです。タガメの生態について知ることができたと同時に(本物を見たことがないのです~)、環境破壊についても考えさせられました。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
トチの木の1年
トチの木の1年 (ランドセルブックス)トチの木の1年
(2012/01/11)
太田威
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
春まだあさい、天気のいい
日に、トチの木に会いに来ま
した。トチの木は、山をなが
れる沢づたいの、水気のおお
いところに、かたまって育っ
ています。
春のトチ林はあかるくて、
空気がすんでいて、とても気
持ちがいいのです。
地面には、カタクリやキク
ザキイチゲなどがいっせいに
花をさかせています。

出版社より 対象年齢 5・6才から

縄文人もその実を食べ、利用していたトチの木。トチの木と人との関わりを30年にもわたってトチ林を取材してきた著者が、四季を追いながら、美しい写真と文で語った写真絵本。

実は、子どもたちがスノーキャンプに行った場所が「とちのき村」。雪をかぶった立派なトチの大木の前で記念写真を撮っていました。

また、以前読み聞かせした絵本で『とちのき』というのがありました。素敵な絵本でしたが、なにしろ「トチの木」になじみがなく、見たこともありません。だから読んでもピンとこなかったのです。

そして、今回の『トチの木の1年』。やっとトチの木に会えた~~~!!!という感動でいっぱいになりました。トチの実から作るトチもち。作る過程が詳しく紹介されていて、感心しながら読みました。

作者のトチの木、自然に対する愛情が伝わってくる良い絵本です。表紙が地味で子ども受けしづらい印象ですが、ぜひ『とちのき』とセットで読み聞かせしてあげてください。

とちのき (そうえん社・日本のえほん)
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
はちみつができるまで (しぜんにタッチ!)
はちみつができるまで (しぜんにタッチ!)はちみつができるまで (しぜんにタッチ!)
(2011/02)
榎本 功、片野 隆司
ひさかたチャイルド
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のページ】
とろーり。
あまくて おいしい はちみつ。
はちみつは、どこで どんなふうに
できるのか、しっていますか?
それでは、はちみつが できるまでを
みてみましょう。

出版社より 対象年齢 3、4歳から

幼児さんから楽しめる科学・知識絵本。ミツバチがさまざまな花から蜜を集める様子や巣箱の中の様子、蜜採取の方法などが美しい写真で紹介されています。それぞれの花から集めた蜜の写真がずらりとあって綺麗でした。文章は短く、わかりやすく書かれています。

ちなみに、家でハチミツはあまりいただかないのですが、給食では出るそうです。残念ながらはちみつギライの娘(当時小4)ですが、知らなかったことがたくさんあって、勉強になりました。
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
おしっこぴゅー
おしっこぴゅーおしっこぴゅー
(2009/11)
栗林 慧、三原 道弘
日本標準
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
さんぽを して いた イヌが、
でんしんばしらの まえで
たちどまり、
うしろあしを あげたよ。
おしっこ ぴゅー。

全国学校図書館協議会選定図書

おしっこの絵本。ポップな絵の表紙の中身は、すべて現実的な写真絵本。そのギャップに驚きます!かぶとむしや、チョウチョのおしっこ風景を見たのは初めてで、娘(当時小3)と顔を合わせて目を丸くしました。とくにトイレトレーニングに役立つ絵本ではありませんが、知識が広がる楽しい写真絵本でした。

検索キーワード: 写真絵本 知識絵本 科学絵本
かばががばー
かばががばー (おおきなかがく)かばががばー
(2009/04)
内山 晟
ひさかたチャイルド
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくは かば。
おもしろい かたちだって?
おもそうだって?
これから ぼくの からだの
ひみつを おしえて あげるよ。

出版社より 対象年齢 幼児~小学校低学年

幼い子にもわかりやすい大判写真絵本。ところどころ原寸大のぺージがあり、迫力満点。「本当の大きさ」を実感できます。

水中でしっぽをプルプル振って、うんちをまき散らすところを見せたくて借りてきました。「きもちわるいっ!」って言っていましたけれど(笑)。でも、魚のえさになることがあるのですね。

写真が美しくて気に入りました!

検索キーワード: 写真絵本 科学絵本 かば カバ
どうぶつのしっぽ
どうぶつのしっぽどうぶつのしっぽ
(2010/02/08)
ネイチャー・プロ編集室
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おしりをむけて、あれ、しつれい。
ずいぶんりっぱな、しっぽですね。
だれのしっぽでしょう。


出版社より 対象年齢 小学中級から

どうぶつのからだシリーズどうぶつのからだシリーズ」は全6巻。幼児さんから楽しめるおすすめの写真絵本です。

しっぽのはたらきがクイズ形式で楽しくわかりやすく学べます。絵本のイラストでしか知らない動物を写真で見ることができるのは格別です。特に、ビーバーとたつのおとしごは感激しました。写真や構成も見事でした。

しっぽのはたらきこちらもおすすめ

しっぽのはたらき

小1の教科書にも載っている傑作絵本です。


検索キーワード: 写真絵本 科学絵本 知識絵本
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ほら、きのこが…
ほら、きのこが…ほら、きのこが…
(2000/05)
越智 典子、伊沢 正名
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
雨あがりはきのこの楽園。
きのうまではいなかったのに
すました顔してたっている。
いったいどこからきたのだろう。

出版社より 対象年齢 小学3年生から

たくさんのふしぎ傑作集。対象は小学3年生からですが、文章は長くないので、もう少し低年齢でも楽しめると思います。

写真が非常に美しい写真絵本。カラフルでドラマチック。心を打ちます。

きのこの知られざる世界について知識が増えました。菌糸や胞子のことがわかりやすく書かれていて大人も勉強になります。何度もくり返し読み聞かせしたので、「1ミクロンは千分の1ミリ」としっかり頭に入ったようでした。子どもたちは実際に指を合わせ1ミリを作って、「この千分の1って...すごい!!」と驚愕していました。絵本ってすばらしいな!

検索キーワード: 写真絵本 科学絵本 知識絵本
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
オーロラの向こうに
オーロラの向こうにオーロラの向こうに
(2007/11)
松本 紀生
教育出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
みんなは「オーロラ」ってしってるかな。
聞いたことのある人は、きっと多いよね。
でも、本物を見たことのある人は、あまりいないんじゃないかな。
なぜかというと、オーロラは北極や南極の近くまで行かないと、
なかなか見ることができないから。
ぼくは毎年、冬になると「アラスカ」という所に、
このオーロラの写真を撮りに行くんだ。もう何年も続けている。
やめられないんだ。楽しくて。
この写真を見てみてよ。きれいだろう。
でもね。本物はこんなもんじゃない。
もっともっときれいなんだよ。

「夢をあきらめるな」「精一杯やってみよう」と教えてくれる感動の絵本。大変良かったので購入しました。著者の語り口で綴るフォトエッセイ。長ーい文章の絵本を読みきった後には、著者からの素晴らしい「贈り物」が待っています。ドーーーーーーーッと涙が出ること間違いなしです♪(フフ)

オーロラの向こうに

オーロラの写真を撮るのにどんなに大変なのかがわかりました。氷の世界での食事、トイレ、雪かき、装備、かまくら...子どもたちは未知なる世界の話を、興味しんしんで聞き入っていました。

それよりも、著者の生き方。考え方。あっぱれです。本当に素晴らしい!!

  「一生懸命やればできないことはない。」と言う人もいるけれど、
   どんなにがんばってもできないことはある。
   でも、結果が得られなければ、それまでの努力には意味がないのか
   というと、そんなことは絶対にない。
   むしろ、その当人にとっては、「どう取り組んだか。」
   ということのほうが、「何を成し遂げたか。」よりも、
   大切じゃないか。この旅を終えて、そう強く感じたんだ。

   夢は必ずかなうとはかぎらない。
   でも、あきらめずに続けれいれば、きっといつか、
   いいことがある。

この言葉の意味は、この絵本を読まれて納得されることでしょう。極限まで努力した若者の生きざまを見せていただいて、感動しました。私たちに生きる勇気を与えてくれる絵本。世代を越えて、たくさんの方に読んでいただきたい一冊です。

検索キーワード: 写真絵本 冬の絵本 オーロラ
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
森のいのち
森のいのち森のいのち
(2006/06/02)
小寺 卓矢
アリス館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
もりは しんと
しずまりかえっている。
でも みみを すませば
ほら―
いのちの いきづかいが
きこえてくる。
さあ
よるが あけてきた。
もりに あさもやが
たちこめる。

厚生労働省推薦児童福祉文化財(出版物) 
平成19年度版北海道青少年のための200冊選定
第30回長野県読書感想文コンクール推薦図書 
平成19年度北海道指定図書(小学校高学年の部)

9月中旬に親子で山登りをしました。目的はカブト・クワガタの幼虫探し。3時間かけてキツイ山道を登って見た山の中の風景。きのこ、倒木、沢、こけ、森のにおい、自然界の音。この絵本の中身と重複していた部分がたくさんあったので、感慨深くお話に聞き入っていました。よい追体験になったと思います。

北海道の阿寒や東大雪の森で初冬に撮影されたそうです。森の中の生と死の物語。迫力いっぱいの美しい写真。ピーンと張り詰めた空気のにおいがただよってきそうです。写真に添えられた文章も素晴らしい。詩のようにリズミカルな美しい言葉。子どもたちは「あさもや」「倒木」など新しい言葉も覚えたようです。

検索キーワード: 写真絵本
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
いのしし
いのししいのしし
(2007/08)
前川 貴行
アリス館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
太陽がのぼり、
深い眠りについていた山なみに
やわらかな日ざしをとどけはじめた。
人里に近い、この六甲の山やまでは、
人間よりはるか昔からずっと、
野生のいのししがくらしてきた。

出版社より 対象年齢 小学校中学年から

すごい迫力。誌面いっぱいに広がる力強く美しい写真。いのししの生き生きした目の輝きまで見て取れる距離でよく写真が撮れたなあと感心してしまいます。

写真家の語り口ですすむお話。「現場中継」みたいで新鮮。臨場感たっぷりです。いのししの生態や暮らしもよくわかりました。

写真も文も素晴らしく、心が揺さぶられる絵本でした。

検索キーワード: 写真絵本 いのしし イノシシ 猪
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
ひっこしやどかり
ひっこしやどかりひっこしやどかり
(1987/05)
久保 秀一、七尾 純
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
うみの みずが ひいて、
ごつごつした いわが あらわれました。
いわの くぼみに のこった ちいさい うみが、
きらきら ひかっています。
ちいさい ちいさい うみのそこを、
かいがらを ひきずりながら かりかり
あるいているのは、ちびちゃん やどかりです。
「おなかが すいたなあ。どこかに
おいしい たべものが ないかなあ。」
「あ、いい におい!どこだろう。」
ちびちゃん やどかりが
かりかり あるいていったら…

出版社より 対象年齢 3、4歳から

やどかりは息子(当時小3)の仲のいい友人が家で飼っていることもあり、子どもたちにとって身近な海の生き物です。沖縄・石垣島の浜辺にもたくさん歩いていました。ペットショップでも買えますね。

お話仕立てになったやどかりの写真絵本です。ちびちゃんやどかりは、ほかのやどかりから「貝がらがぼろぼろだ」といわれ、くやしくてなりません。さっそくさがしはじめたら・・・・・・。

ヤドカリの食べ物は、おもに生き物の死がいで、くさった肉でも平気で食べるそうです。子どもたちも「へえ~!」なんて感心。やどかりの知識が増えました。ちびちゃんやどかりは、最後にほれぼれするような素敵な貝がらを見つけます!ストーリーがとってもよく出来ていると思いました。

検索キーワード:  写真絵本
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。