生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
子育てに役立つ「おてて絵本」
めざましテレビで「おてて絵本」が紹介されていました(2007.10.22)。ご覧になった方はいらっしゃいますか?「おてて絵本」だなんて、かわいらしい呼び名ですね。新潟県でブームになっているそうなんです。

開いた両手を絵本に見たて、子どもがお話を作って語る遊びです。子どもの想像力や表現力を伸ばし、親子のコミュニケーションを深めるのに役立つとのレポートでした。

さっそくその晩、うちの子どもたち(当時小2と年長)にも試しました。最初は恥ずかしそうにしていたのですが、話しだすと止まらない!息子は「あるところに、お金持ちのおじいさんが...」から始まり、お金をみんなで分けたなど、うれしそうにお話を作っていました。

何かにつけ「お金」に執着している息子。かなり本性が出ます(笑)。子どもの考えていることが(深層心理も...!?)まるわかりです^^。

親は一緒に手のひらのページをめくりながら、「うん、うん。」「それで?」「おもしろいね。」などあいづちを打つことが大事だそうです。子どもは「自分の話を聞いてくれている」と安心します。自分が受け入れられている、認められていると自己肯定感を高める効果もあるとのこと。

これは結構疲れます~!「集中して人の話を聞く」ってかなり大変なんだな、と思いました。まとまらない話はよけい疲れます(ゴメンネ)。

でも、効果はてきめん!と感じましたので、長く続けていきたいと思います。毎日は疲れるので、一週間に一度。曜日を決めるのが長く続けるコツですよね!

おてて絵本についての本も刊行されています。

おてて絵本入門おてて絵本入門
(2008/11)
サトシン
小学館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索


きいてね!おてて絵本きいてね!おてて絵本
(2009/07/04)
サトシン
扶桑社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索


おてて絵本普及協会のホームページでも詳しい紹介がありますので、ご興味をお持ちの方は、ご覧ください。
http://www.ne.jp/asahi/satoshin/s/ofk.htm

検索キーワード: おてて絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌