生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
もりのこびとたち
もりのこびとたちもりのこびとたち
(1981/05)
エルサ・ベスコフ、おおつか ゆうぞう

商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ふかいふかい もりのおく、まつのきの ねもとに
こびとのうちが あります。そこには おとうさんに
おかあさん、それに げんきな こどもが 四にんいて
しろいてんのある あかいぼうしを かぶっています

あらしが ふこうと あめがふろうと
もりのなかにいれば へいきなもの
あつい しげみが かぜをふせいでくれるし
あまやどりなら どこでも できます

もりのくらしは たのしくて ゆたかです
きのみや くさのみ きのこも たっぷりあるし
おとうさんは おおしくて、おかあさんは やさしく
ゆかいな ともだちも たくさんいます

出版社より 対象年齢 4歳から

小人のお話は私が小さいときから大好き。ファンタジーの世界で思いっきり遊ぶのが好きでした。スプーンおばさんシリーズは私のおはこでした。

こちらはスウェーデンの絵本。1952年、子どもの本に対するスウェーデンの最高賞、ニルス・ボルゲンソン賞を受けた巨匠エルサ・ベスコフの作品。

りすとかくれんぼをしたり、かえるととびくらべをしたり、妖精とシーソーごっこをしたり...森の奥に住むこびとの家族の春から冬までの豊かな暮らしを、やわらかいタッチで描いた魅力的なお話。北欧の香りがプンプンしま~す!

絵は限りなく繊細でエレガント。すみずみまで堪能できます。大判なのも贅沢。まさに、家庭の本棚に、いつまでも大事に残したい絵本の1冊だと思いました。

ペレのあたらしいふくこちらもおすすめ

ペレのあたらしいふく

ベスコフの代表作。労働とは何か。原点に帰らせてくれます。


検索キーワード: 北欧の絵本 こびと 小人
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌