生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
きつねのたなばたさま
きつねのたなばたさまきつねのたなばたさま
(2003/05)
正岡 慧子、松永 禎郎
世界文化社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
「あっ、おかあさんだ! おかあさーん」
こぎつねは、おおごえで よびました。
でも、どう した ことでしょう。
おかあさんあは、うしろを ふりむき ふりむき、
だまって そらを のぼって いきます。
「まって! いかないでー!」
こぎつねが いくら さけんでも、おかあさんの
すがたは ちいさく なるばかり。
あああ……。
おかあさんは とうとう、くもの なかに
きえました。

ごんぎつね」「きつねのおきゃくさま」「チロヌップのきつね」「おこんじょうるり」「きつねの でんわボックス」...私が今まで読み聞かせた中でも、こんなに涙をさそう、キツネのお話があります。

タヌキじゃあ、こうはいかないでしょうに(!)やはりキツネと涙は昔から縁があるのですね。今回の「きつねのたなばたさま」もしかり。子ぎつねが母を思う心に胸を打たれました。字が書けない子ぎつねが、七夕の短冊に「おかあさんがかえってきますように」と願いを掛ける場面は切なくなります。

願いは叶わなかったけれど、最後は心温まるエンディング。絵もかわいらしいのに繊細で美しく、素敵な絵本だと思いました。文章量はそんなに多くありませんので、園児さんにも充分楽しめると思います。

作者は、後書きでこう添えています。「どうぞ、多くの子供たちがこのお話の子狐とおなじように、淋しさや挫折をのりこえて自立への道を歩んでくれますように……。」子どもたちは口に出さずとも、しっかりメッセージを受け取ってくれることでしょう。

~おすすめ きつねが主人公の切ない絵本~

きつねのでんわボックス チロヌップのきつね 

ごんぎつね 

検索キーワード: 七夕 たなばた きつね キツネ
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌