生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ひっこしやどかり
ひっこしやどかりひっこしやどかり
(1987/05)
久保 秀一、七尾 純
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
うみの みずが ひいて、
ごつごつした いわが あらわれました。
いわの くぼみに のこった ちいさい うみが、
きらきら ひかっています。
ちいさい ちいさい うみのそこを、
かいがらを ひきずりながら かりかり
あるいているのは、ちびちゃん やどかりです。
「おなかが すいたなあ。どこかに
おいしい たべものが ないかなあ。」
「あ、いい におい!どこだろう。」
ちびちゃん やどかりが
かりかり あるいていったら…

出版社より 対象年齢 3、4歳から

やどかりは息子(当時小3)の仲のいい友人が家で飼っていることもあり、子どもたちにとって身近な海の生き物です。沖縄・石垣島の浜辺にもたくさん歩いていました。ペットショップでも買えますね。

お話仕立てになったやどかりの写真絵本です。ちびちゃんやどかりは、ほかのやどかりから「貝がらがぼろぼろだ」といわれ、くやしくてなりません。さっそくさがしはじめたら・・・・・・。

ヤドカリの食べ物は、おもに生き物の死がいで、くさった肉でも平気で食べるそうです。子どもたちも「へえ~!」なんて感心。やどかりの知識が増えました。ちびちゃんやどかりは、最後にほれぼれするような素敵な貝がらを見つけます!ストーリーがとってもよく出来ていると思いました。

検索キーワード:  写真絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌