生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
時計つくりのジョニー
時計つくりのジョニー時計つくりのジョニー
(1998/06)
エドワード・アーディゾーニ
こぐま社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
あるところに 小さな男の子がおりました。名前をジョニー
といいました。
ジョニーは 手先がたいへん器用で、ものをつくるのが
じょうずでした。ひまさえあれば かなづちでくぎをうった
り、のこぎりで木を切ったりしていました。

全国学校図書館協議会選定「よい絵本」
日本図書館協会選定
出版社より 対象年齢 5歳から小学校低学年まで

ジョニーは手先が器用で物作りが上手な男の子。両親や先生のぞんざいな扱い、友達のいじめ、材料入手の困難...苦難を乗り越えて大時計を完成させる成功物語。

これほど、子どもの共感を呼ぶ絵本はあるでしょうか。物作りに熱中する男の子なら、すぐさまこの絵本に感情移入し、夢中になるでしょう。息子(当時小3)が「ぼくも、明日大時計作りたい!」とのめり込んでいました。

ページ数が多く長い文章。非常に読みごたえがあります。心に残る珠玉の一冊です。

検索キーワード: 小学生の男の子が夢中になる絵本 冒険 時計
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌