生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
こぶたのプーと青いはた
こぶたのプーと青いはたこぶたのプーと青いはた
(2002/02)
カーラ・スティーブンズ、
レイニイ・ベネット
童話館出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
こぶたのプーは、学校がだいすきでした。
学校ですることなら、なんでもたのしいのです。
ただ、ひとつだけ、きらいなことがありました。
体育です。
体育は、月曜日と水曜日と金曜日にあるのです。
きょうは、月曜日。
「さあ、体育の時間だよ」
かわうそ先生がいいました。
「ワーイ!ワーイ!ワーイ!」
みんなは、かんせいをあげました。
「ヤッホー!」
あらいぐまのラクーンが、そうさけんで、こぶたのプーを見ました。
「あれ、プー、どうしてだまってるの?」

童話館の小さいみかんコース(およそ7~8才)配本

体育が嫌いなこぶたが、体育の時間にかけっこ遊びを通して全力を出しきり、周りに励まされて苦手を克服する感動物語。かけっこの場面はハラハラドキドキ。子どもたちの共感を呼び、元気と勇気を与えてくれるお話です。

絵本か、童話か、どちらなんでしょう。とにかく長いお話でした。ほのぼのとした挿絵は毎ぺージあります。お話がおもしろいので、子どもたちは微動だにせず、集中して聞き入っていました。何度読んでも飽きません。親子で気に入った一冊です!

検索キーワード: 勇気を与える絵本 どうぶつ 動物
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌