生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うさぎのユック
うさぎのユックうさぎのユック
(2005/01)
絵門 ゆう子、山中 翔之郎
金の星社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ふんわりと柔らかく、ぽかぽかと暖かく、ゆらゆら優しく揺れる
ベッドの中に、ユックたち五匹のうさぎの兄弟たちは
身を寄せ合って眠っていました。目をあけてみても、
まわりは真っ暗。ユックたちの背中には天使の羽がついていて、
体はしっとりと濡れています。
ここは、お母さんうさぎのおなかの中。ユックたちが、
誕生への準備をする大切なお部屋です。この中で栄養をもらったり、
外のいろいろな音を聞いたり、兄弟同士おしゃべりをしながら、
誕生の日をめざして、どんどん大きくなっていくのです。

乳がんと闘った故・絵門ゆう子さん(元NHKアナウンサー池田裕子さん)の初の絵本。自らの闘病体験から得た「命の尊さ」「生きることの喜び」がひしひしと伝わる感動作。まるで上質の映画を一本見終えたような満足感でいっぱいになりました。

たいてい絵本を読んで泣く時は、最後のクライマックスです。唯一この絵本だけです。最初のシーンからウルウル。涙があふれてとまりませんでした。

本当に素晴らしい絵本。ただ...文章が非常に長い!!長すぎる。それははんぱな長さじゃありません。ゆったり読み聞かせると30分はかかります。だから毎回読み聞かせるのにすご~い覚悟がいりました。眠くてしかたがない日は、娘が『うさぎのユック』はまた今度にして。」と懇願するほどでした。

こんなに長い文章が本当に必要なの?いや、やはり必要なんでしょう。素晴らしい文章に表現力。一字一句に作者の魂が込められているのを感じます。さすが元アナウンサー。言葉のプロの作品だと思いました。

絵もそれは美しい。非の打ちどころがありません。絵をながめるだけでうっとりします。うさぎたちのかわいらしいこと。生き生きして今にも動き出しそうです。

生きる勇気と感動をもらえる素晴らしい絵本でした。

検索キーワード: 命の絵本 勇気を与える絵本 うさぎ ウサギ
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。