生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぬいぐるみ付絵本の魅力 Pat the Bunny
絵本から飛び出した、やわらくて肌ざわりのいい、ぬいぐるみ。ぬいぐるみは、子どものやさしいこころを育て、情緒を安定させる効果があると言われています。

子どもたちは、まるで生きているかのように、ぬいぐるみに話しかけます。言葉のやりとりを楽しみしながら、表現力を身につけていきます。

ご紹介するのは海外の絵本です。日本にも同じようなぬいぐるみ付き絵本があればいいですね。英語ですが、絵本に出てくるせりふを、ぬいぐるみと一緒に言わせてみるといいでしょう。合わせて使うことで、吸収した言葉を表現する力を育てます。

出産祝いなどギフトにもおすすめです。

Pat the Bunny(Touch and Feel Book With Plush)Pat the Bunny
(1998/10)
Dorothy Meserve Kunhardt

商品詳細を見る

【最初のぺージ】
Here are Paul
and Judy.
They can do lots
of things.
You can do lots
of things, too.

0歳~。1940年の初版以来、600万部を超えるロングセラー絵本。赤ちゃんの手にも持ちやすい小さなサイズの絵本で、うさぎさんをさわってふわふわ、布をめくっていないいないばあ、お花の香りもかいで、絵本をめくって、鏡に写る自分をみて。さわって遊べるタッチ&フィールブックです。

実は、外資系企業に勤務している時、アメリカ人上司に出産祝いとしていただいたものなんです。アメリカでは赤ちゃん絵本として、ギフトとしても、定番中の定番です。

検索キーワード: ぬいぐるみ付絵本 ギフト プレゼント 出産祝い
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。