生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール
「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール

楽天ブックスで検索

いい脳とは、どんな脳なのでしょうか?決してIQが高い脳ではないと著者は主張しています。人工知能の研究者が、母親としてわが子の「生きた脳」と立ち向かった結果...この本は本当に良い本でした!!著者自身の子育ての心温まるエピソードにときどき涙ぐみながら読みました。

0~15歳児まで、脳の発達に合わせた子育てのポイントが書かれています。。 目からウロコでした。これからの子育てに役立ちそうですし、成長に合わせて何度も読みたい本でしたので、購入しました。

直感力が養われるのは、主に3歳から7歳まで。8歳で言語脳が完成してからは、「考える力」が格段に伸び始める。9~11歳の3年間には、「感じる力」と「考える力」と直感力の連携を習得する。12歳になると、おとな脳の基礎が完成する。

このような脳の成長には臨界期があり、7歳までにすべきことを8歳以降に習得しようとしても得られない。このため、些細なことではあるけれど、それぞれの時期に少しずつ親が気をつけてあげたいことがある。


本文より抜粋しました。脳とことばの専門家であり、子育てを経験した母親としての見解は、非常に説得力があります。 「些細なこと」ではとうていありません。反省しまくりでした!

特に、うちは寝かせる時間。10時半なんて日も。遅すぎました。毎週金曜日はレッスンが4コマ、夜の8時過ぎまでぶっ通しであります。私の体もクタクタで、私の帰りを待つ子どもたちもクタクタ。それでも夜8時半ごろから家庭学習をさせていたのですが...

この本を読んでからは、私の仕事が終わったら、すぐにお風呂。読み聞かせして、すぐに寝かせる。毎日させないと気が済まなかった英語の多読も宿題も、この日はお休みです。

とにかく早く寝かせることが子どもの脳によいのだそうです。もちろんそんなことはとっくに承知していましたが、この著者にそう言われた日にゃあ、言う通りにしまーす。

検索キーワード: 育児本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。