生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
さよならチワオ
さよならチワオさよならチワオ
(2006/04)
なりゆき わかこ、津金 愛子
ポプラ社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくが あかんぼうのときから チワオは そばにいた。

出版社より 対象年齢 2~5歳

涙があふれて止まりませんでした。ストーリーも文章も絵も素晴らしく、心にしみる絵本でした。娘(当時小1)が、「悲しい絵本はイヤ」と言って、なかなか読み聞かせさせてくれませんでしたので、私一人でしんみり読んでいると、これまた涙で嗚咽してしまいます。

私も、小学生のころから犬を二世代にわたって飼っていました。ペットの死というものは、それは耐えがたいものだと身にしみてわかっています。だから、つい子どもたちに犬を買ってやれません。せめて絵本のなかで犬の一生や飼い主の責任というものを体験できたのではないかと思います。

たくさんの方に読んでいただきたい一冊です。

検索キーワード: ペットの絵本 ペットの死
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌