生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
いわたくんちのおばあちゃん
いわたくんちのおばあちゃんいわたくんちのおばあちゃん
(2006/08/01)
天野 夏美、はまの ゆか
主婦の友社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ぼくは 四年生。
六年の いわたくんは
二つ年上だけど、
学校の 昼きゅうけいに
サッカーを 教えてくれる
仲良しの 友だちなんよ。

小学3年生(三省堂)の国語教科書に教材として掲載、また、
小学4年生(東京書籍)の国語教科書に教材として掲載

実話に基づいたお話と知らずに読み聞かせました。あとがきに添えられていた写真を見て愕然としました。広島に原爆が落とされたお話。被爆体験談を生で聞いたような感覚で読めました。

最後の「ぼく、おとなになっても 戦争せんよ。」のところで涙がこみ上げ、声が震えてしまいます。この絵本は、原爆や戦争を知らない子どもたちに読んで語らなくてはいけないと切に感じました。平和の尊さをはぐくむ良い絵本です。

ページ数が多く長めのお話です。
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌