生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちいさなろば
ちいさなろばちいさなろば
(2002/11)
ルース・エインズワース、酒井 信義
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ちいさな ろばは、かこいのなかを ひとりぼっちで
ぐるぐる まわって、はしっていました。
ちょうど ゆきが ふっていましたから、
くろい ろばの からだにも、くさはらの うえにも、
ゆきが まだらに つもっていました。
ろばは、さむくはありませんでした。
でも、さびしいと おもいました。
「イーヨウ!」とないても、「イーヨウ!」と こたえてくれる
ともだちは いないのです。

出版社より 対象年齢 3歳~小学校初級向き

ろばの純粋な心、サンタクロースの澄んだ青い目、純白の雪、星降る夜空。その全ての清らかさが静かに読み手の心にしみ入ります。

読み終わって「友だちができてよかったね。」とホッと胸をなでおろす子どもたち。ひとりはさみしい、友だちがほしい、と願うロバに、子どもたちの気持ちが重なりました。

クリスマスにはサンタさんからのプレゼント。すっかり商業的になってしまったクリスマス。それとは対象的な、もっとはるかに崇高なお話でした。派手さはないけれど、深々と心に残る一冊です。

検索キーワード: クリスマス絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。