生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
チョコレート戦争
チョコレート戦争チョコレート戦争
(1999/02)
大石 真、北田 卓史
理論社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
はじめに

「もしもし……」肩をたたかれて、はっとしました。わたしのよこには、
しゃしょうさんがたっていました。
「終点です。おおりねがいます」
しまった、とわたしは思いました。旅行ちゅう、夜行列車のなかで、う
っかり寝すごして終点まできてしまったのです。
わたしは、ねむい目をこすりながら旅行かばんをさげ終点のS駅にたっ
ていました。上りの列車がくるまで、これから三時間もまたなくてはなり

小学校3、4年生向き童話。購入した『小学生100冊読書日記―フィンランド・メソッドで本が好きになる』の読書リストの一冊。

小学生100冊読書日記―フィンランド・メソッドで本が好きになる

有名なケーキやさんのショーウィンドーが割れて、いあわせた明と光一が犯人にされてしまいます。そこで子どもたちは立ちあがります。

本のタイトルから、チョコレートを投げ合うけんか??なんだろう?『チョコレート』と『戦争』という言葉があまりにもマッチせず、よけいに興味がわきました。

親の私も一気に読んでしまいました。おもしろい!!どうしてガラスが割れちゃったんだろう?犯人はだれ?どうなっちゃうんだろう?ワクワクしながら読み進みました。おいしそうな洋菓子もたくさんでてきて、よだれがでそうでした!

結構ぶ厚い本でしたが、小学校や町のケーキ屋さんが舞台なので、息子(当時小3)にもお話が身近に感じ、読みやすかったと思います。

検索キーワード: 童話 小学校3、4年生向き 小学校中学年向き
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌