生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンダの手には、かくされたひみつがあった!
パンダの手には、かくされたひみつがあった! (動物ふしぎ発見)パンダの手には、かくされたひみつがあった!
(2007/12)
山本 省三、喜多村 武
くもん出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
きみは、えんぴつやはしをじょうずににぎれるかな?
まわりにいるネコやイヌを見てごらん。
じつは、手で物をにぎることのできる動物は、とても少ない。
あたりまえすぎて、あまり気がつかないけれど、
物をにぎることは、ヒトやサルのなかまがもつ、
なかなかまねのできない、すぐれたわざなんだ。

出版社より 対象年齢 幼児から小学生

パンダがなぜ竹を持って食べられるのか。その疑問を解くために試行錯誤する研究者の姿を描いた科学絵本。なぜだろう?どうして?一緒に考えてみたくなる絵本です。

なぞ解きや発見の喜びが味わえます。絵も色彩も美しく、わかりやすい知識絵本。論理的な文章に触れられる良い絵本だと思いました。

こちらもすご~くおすすめです!

ゾウの長い鼻には、おどろきのわけがある! (動物ふしぎ発見)  

検索キーワード: 科学絵本 知識絵本 パンダ
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。