生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
チョコレートのまち
チョコレートのまちチョコレートのまち
(2008/10)
深見 春夫
佼成出版社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
ここは、チョコレートが すむ まちです。

出版社より 対象年齢 小学校低学年から

幼年童話。文字が大きく、ページ数も多くなく、楽しい挿絵もふんだんにあるので、読み聞かせしてもいいかもしれません。大好きな「そらとぶパン」の作家の作品です。

そらとぶパン

小1(当時)の娘が、毎日同じこの本ばかり開いては読んで楽しんでいます。「何度読んでもおもしろい!!」のだそうです。

だれでも顔の形を自由に変えるチョコレートの町。表紙からも楽しさが伝わってきますね。「あっ、アポロ知ってる!」「ポッキーおいしそう!」しばらく見入ってはブツブツ。

しかも、顔のかたちの変え方がユニークでおもしろい。友情がテーマになっているので、内容も充実。本のおもしろさを子どもたちに教えてくれる作品です。

検索キーワード: 幼年童話
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌