生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
あやとりひめ―五色の糸の物語
あやとりひめ―五色の糸の物語あやとりひめ―五色の糸の物語
(1998/09)
森山 京、飯野 和好
理論社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
1 緑の山
古い、古い、むかしの話です。
ある山里に、アヤという女の子がおりました。
アヤのお父さんは、とうになくなり、お母さんと二人、
つましく暮していました。
アヤが十歳をすぎたころ、お母さんがとつぜん病気でたおれました。
アヤは、寝る間もおしんで看病をしましたが、お母さんの体

小学校3、4年生向き童話。両親をなくしたアヤは、母に習ったあやとりを使って、次々おとずれる危機をのりこえ、最後に幸せをつかみます。創作おとぎばなし。昔話風の語り口です。

三枚のおふだに似た冒険ストーリー。おもしろいです!!私も夢中になって一気に読んでしまいました。息子(当時小3)も「おもしろい!」と言っていました。

検索キーワード: 小学校3、4年生向き童話
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌