生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまがえるりょこうしゃ―トンボいけたんけん
あまがえるりょこうしゃ―トンボいけたんけんあまがえるりょこうしゃ―トンボいけたんけん
(2004/06)
松岡 たつひで
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
「ね、あまがえるさん おきて!」
「ふぁーい、あっ おきゃくさん」
「わたしたち このトンボいけたんけんに
さんかしたいんだけど」
「は! ようこそ。ありがとうございます」

出版社より 対象年齢 4歳から

ツアコンダクターのあまがえるが、ペットボトルのボートでテントウムシ、ダンゴムシ、カタツムリをトンボ池探検に案内します。

コオイムシ、ミズスマシ、マツモムシ、タイコウチ、ゲンゴロウなど、たくさんの水辺の生き物が出てきます。科学絵本だけあって、生態もお話仕立てで紹介されています。ペットボトルのボートに乗って、水の中を散歩しているような気分になること間違いなし☆楽しさと驚きでいっぱいです。

淡く繊細な画風はあたたかみがあって、とても素晴らしく、うっとりします。このお話は、新潟県北魚沼郡川口町の池を取材して創られたと読んで、よけいに好きになりました。その写真を見ながら、自然の尊さに思いをはせました。

検索キーワード: むしの絵本 虫 ムシ 科学絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。