生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じっぽ―まいごのかっぱはくいしんぼう
じっぽ―まいごのかっぱはくいしんぼうじっぽ―まいごのかっぱはくいしんぼう
(1994/07)
たつみや 章、広瀬 弦
あかね書房
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
それは、大洪水の翌日だった。
ぼくたちの三年三組は、きょうはとくべつに、
給食を食べたら帰りの会になって、そうじも
宿題もなし。みんなの家がたいへんだからだ。
きのうの台風はほんとにすごくって、ぼく
の組の木下先生のうちはユカシタシンスイに
なっちゃたんだって。
ぼくのうちはなんともなかった。ちょっと
ざんねん。ユカシタシンスイってどんなのか
か、うちもなればわかったのに。でも、もう
行っちゃった台風のおかげで学校は四時間で
おしまいになったから、それはもうけだ。
「おい、野沢、あれ」
いっしょに帰ってる山下が、ブンブンふり
まわしてたカサでなにかをさした。

クレヨンハウス3年生コース配本
メルヘンハウス4年生コース配本
出版社より 対象年齢 小学校中学年以上

小学2~3年生以上におすすめの童話。カッパの赤ちゃんとの出会いを通して、主人公の太郎が大きく成長します。お話はすごい臨場感でサクサクと読みやすく、ページをめくる手が止まりませんでした。

最後は胸がキュンとなる、せつないお話でした。息子(当時小3)も思い切り感情移入し、「最後は悲しかった...」と神妙な面持ちでした。

娘(当時小2)がいままで読んだ本のなかで、一番気に入っているベスト本でもあります。

一生、読書好きになる本の選び方』で良書として紹介されていました。

最新版・一生、読書好きになる本の選び方 (学研ムック)
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。