生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
いないいないばあ絵本
エチカの鏡で大ブレイクした脳科学おばあちゃん、久保田カヨ子氏。金スマにゲストで出演されていたので(2009年6月19日)録画して見ました。とにかく、前頭連合野の働きをよくすることが、賢い子どもをつくる秘訣だということでした。

しかも、一番脳が発達する0~1歳が勝負。生まれてから歩き始めるまでに一生の脳の働きが決まる。0~1歳児にできる天才教育が2つ紹介されていました。

一つ目は、言語力を伸ばす秘訣。それは、赤ちゃん言葉は禁止ということでした。マンマは「ごはん」に、ネンネは「ねる」に。正しい日本語で話しかけることが、言語力を高める秘訣だそうです。

将来使われない赤ちゃん言葉は、脳の無駄づかい。赤ちゃん言葉が正しい日本語でないと気づいた時、もう一度覚えなおさなければならない。同じことを二度も努力して覚えるよりは、新しいことを次々と覚えたほうが効率的であると言われていました。赤ちゃんに話しかける時は、大人の口を見させること。口を開けているのを赤ちゃんが見たら話しかけることも大事だそうです。

二つ目の秘訣は、いないいないばあ。これは、記憶力を伸ばす良い訓練になるそうです。同じことを何度も繰り返すことが、記憶力そのものを育てるのだと。物事を推測し、期待し、待つという力を次第に養うそうです。

金スマでは、まだおすわりも寝返りもできないような赤ちゃん(3~4ヶ月くらい?)をふとんに寝かせたままで、いないいないばあをしていました。1日5回以上は行うといいと、以前のエチカの鏡で紹介されていました。様々な表情は、脳に刺激を与えます。番組では、ペープサートで劇を見せていました。絵本もうまく活用したいですね。

     

話題の関連本です(↓)。
ぜひ読んでおきたいですね。

 

検索キーワード: 赤ちゃん絵本 エチカの鏡 くぼたのうけん 久保田式
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌