生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あいうえおべんとう
あいうえおべんとうあいうえおべんとう
(2009/05)
山岡 ひかる
くもん出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おべんとうの
じかんですよー!

出版社より 対象年齢 幼児から

あ あすぱらがす(アスパラガス)
い いちご
う うずらたまご
え えびふらい(えびフライ)
お おにぎり

「あ行」から「ら行」まで、とてもおいしそうなお弁当が登場します。あたたかくてかわいらしい画風は、すべて色紙を切って、貼って作ったものなのだそうです。うさぎさんのりんごにエビフライ、もやし。立体的に見えてスゴイ!うずらたまごにツナサンド。質感も見事に表現されています。

この絵を作るのにかかった時間はなんと8ヵ月!丁寧に作られた絵本だからこそ、読者の胸を打つのかもしれません。

お弁当だけでなく、ランチクロスやカトラリーなど小物にも注目!左利きの子もいたりして、発見が楽しいです。お弁当の中身は、立派なヒントにもなります♪

小学4年と2年の子どもたちには幼すぎるかと思いましたが、とても気に入って楽しんでいました。「これはいる、これはいらない」とおかずの品評で忙しかったです。

ひらがなの絵本として。お弁当の絵本として。語いを増やすためにも(増えました!)。おすすめです!

検索キーワード: ひらがな おべんとう お弁当 食べ物 たべもの
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。