生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
くるくるくるみ
くるくるくるみくるくるくるみ
(2007/09)
松岡 達英
そうえん社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
はるです。
ゆうかちゃんは、いなかに すむ
おじいちゃんと おばあちゃんの いえに、
あそびに いきました。

出版社より 対象年齢 幼児~

くるみのことがよくわかる科学絵本。そういえば、スーパーなどで売られているくるみしか知らない私ども親子です。くるみの木や花を見たことがありません。(どこに行けばみれるんだろう~~!)実は茶色のごつごつとした姿のままなるのではなく、緑色の『洋服』に包まれて実るのですね。驚きました。

くるみ料理やお菓子作りに沿ってストーリーが展開されますので、楽しく自然にくるみの知識が得られます。絵も丁寧な描写でセンス抜群。白い背景が都会的な洗練さをうまく演出しています。巻末にはくるみクッキーとくるみどうふの作り方の素敵な「おまけ」が。リスさんがかわいらしいです。

検索キーワード: 科学絵本 知識絵本
スポンサーサイト