生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うさぎのみみはなぜながい
うさぎのみみはなぜながい―メキシコ民話 (日本傑作絵本シリーズ)うさぎのみみはなぜながい
(1982/01)
北川 民次
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
とおい むかしの おはなしです。
あるとき、やまの うさぎが
かみさまの ところへ
でかけていきました。
うさぎは かみさまの
まえへ でると、あたまを
ぴょこ ぴょこ ぴょこと
三ど さげて、ていねいに
おじぎをしました。

厚生省中央児童福祉審議会推薦
全国学校お所管協議会選定
大阪市立中央図書館選定
出版社より 対象年齢 5、6歳から

メキシコに伝わる民話だそうです。南米らしい独特な絵のタッチ。読みごたえのある骨太なお話。確かに残酷な話かもしれませんが、子どもたちはそんなことはおかまいもなしに、息をのんで真剣に聞き入っていました。長い話を聞き終わった後の満足そうな顔が印象的でした。

最後のぺージに描かれたうさぎの姿はとても愛らしいです。

検索キーワード: 南米の絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。