生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレモスのパン屋
トレモスのパン屋トレモスのパン屋
(1993/03)
小倉 明、 石倉 欣二
くもん出版
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
もしこの町にいきたくなったら
パスポートは「想像力」それだけでいますぐいける
トレモスの待ちについたら まず近くのパン屋に飛びこんで
たとえばクリームパンかなんかを注文してみよう
パンをかじりながらここを歩いてみれば
この町がどんなところか どんな人が住んでいるのか
きみにもきっとすぐわかる

第一回小川未明文学賞優秀賞受賞作品
出版社より 対象年齢 小学中級から

小学3、4年生におすすめしたい童話。

親の私が、ものすごく気に入った本です。早く先が読みたくて(謎が知りたくて)、家事は後まわしにして読みふけりました!挿絵も物語にマッチしていて、すばらしかったです。

息子(当時小4)は「おもしろくない」と言って、断固として最後まで読もうとしませんでした。親に激しくすすめられたので、読む気が失せたのかもしれません(^_^;)。

この本は、非常に奥が深いです。登場人物の心の葛藤が細やかに描写され、人間の欲や愛憎が手に取るように伝わってくる良書です。探偵モノに飛びつく男児には、ちょっぴり精神年齢が高い物語はとりつきにくかったのかもしれません。

検索キーワード: 小学3、4年生向き童話
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。