生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
旅のくつ屋がやってきた
旅のくつ屋がやってきた旅のくつ屋がやってきた
(2004/10)
小倉 明
アリス館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
町に小さなホテルがありました。豪華なベッドはないけれど、感じのい
い応対ときれいなシーツ、おいしいパンが評判でした。
値段も安かったので、この町に商売をしにやってくる行商人のお客でい
つもにぎわっていました。
ある日、旅のくつ屋がやってきました。日にやけた褐色の肌にがっしり
とした体つきで、しらがまじりのかみを見ると、もう五十歳ぐらいにはな
っているようでしたが、身のこなしはやわらかく、旅ぐらしになれている
ように見えました。
カバンの中にはくつの材料一式が入っていて、町角で店を開き、注文に
応じて新しくくつを作ったり、直しもする仕事でした。

出版社より 対象年齢 小学校中学年から

小学校中学年以上のお子様におすすめの童話。

トレモスのパン屋」が非常に気に入ったので、同じ作者の作品が読みたくなりました。

くつ屋の正体をめぐって、命がけの緊迫したストーリーが繰り広げられます。息子(当時小4)より先に読んでしまいました。それほどぶあつくなかったので、一気に読みました。大人も楽しめる上質の児童文学だと思いました。

検索キーワード: 童話
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌