生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんぐり かいぎ
どんぐり かいぎ (かがくのとも傑作集)どんぐり かいぎ
(1995/09)
こうや すすむ、片山 健
福音館書店
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかし むかし、きたぐにの もりの なかの
おはなしです。
どんぐりのきたちは、あきに なると、
たくさんの どんぐりを おとしていました。
むかし むかしの そのまた むかしから、
まいとし まいとし そうしていました。
もりの どうぶつたちが やってきて、
このどんぐりを うれしそうに たべるのを。
どうして たべられるのが うれしいかっていうとね、
こういうわけなんです。
どうぶつたちは、だいこうぶつの どんぐりを
たくさん たべたあと……

出版社より 対象年齢 4才から

かがくのとも傑作集。どんぐりには一年おきに「なりどし」と「ふなりどし」があり、その理由について作者が考えたお話だそうです。

片山健さんの絵がとってもいいなと思いました。大らかで伸びがあり、想像力をかきたてられます。

このお話を読んで森に行くと、本当にどんぐりの会議が聞こえてくるかもしれません♪心に残る素敵な絵本でした 。

検索キーワード: 秋の絵本 科学絵本 知識絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。