生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月0(ゼロ)日大冒険
9月0(ゼロ)日大冒険9月0(ゼロ)日大冒険
(1989/07)
さとう まきこ
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
第一章 八月三十一日

きょうは八月三十一日、夏休み最後の日。
まったく、ことしの夏休みくらい、ついてない夏休みはなかったよ。
はんと、最低。最悪。
まず、夏休みにはいってすぐ、ぼくはぜんそくの発作をおこして
寝こんでしまった。
ぜんそくっていうのは、胸のなかでヒューヒュー、音がして、
ふだんの半分も息がすいこめなくなって、すごく苦しいんだ。
ふつうの人にとってはなんでもない、家のなかのほこりとか、
目に見えないダニとかが、発作の原因になることもある。

出版社より 対象年齢 小学上級から

あ~、おもしろかった!!!息子(当時小4)が大絶賛。私も家事をいつものごとくほったらかして読みふけりました。途中でやめられないほどおもしろかったので、一気に読んでしまいました。

高学年向きの童話(読み物)。夏休みにどこへも遊びにいけなかった小学4年生の3人が、夏休み最後の日に恐竜の時代へタイムスリップするアドベンチャーストーリー。

3人が仲たがいしながらも知恵を出し合って協力し、苦難を乗り越え、大きく成長します。かわいい子には旅をさせよと言いますが、全くその通りだと思いました。

サプライズもあってわくわくし、最後は胸があつくなりました。1日だけの冒険という設定だったので仕方がないのですが、もっと長い冒険が読みたかったです。鉛筆画の挿絵もお話にぴったり合っていて、とてもよかったです。

たくさんの恐竜の名前が出てきますので、図鑑で調べながら読むともっとおもしろいです!こちらがおすすめ。

恐竜 (小学館の図鑑NEO)

検索キーワード: 高学年向け童話
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。