生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
うんちしたのはだれよ!
うんちしたのはだれよ!うんちしたのはだれよ!
(1993/11)
ヴェルナー・ホルツヴァルト
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
あるひの こと、もぐらくんが
じめんから かおを だして、
もう おひさまは のぼったかな、
と おもったとき、その じけんは
おこったのです。

(それは ちゃいろで ふっくらとしていて、
ちょっとばかり ソーセージのよう。
とんでもないことに、もぐらくんの
あたまに おちてきたのです。)

出版社より 対象年齢 3・4歳から

うんち系の絵本は、何だか絵を見るだけで気分が悪くなってしまうので、今まで読んだことがなかったのです。ところが、今回読んでみて、どうしてこの絵本が世界中の人々に愛されているのかがよくわかりました。

ユーモアがあり、おもしろいんです。絵が洗練されています。くり返し何度読んでも飽きませんでした。

麻布学園・国語科教諭の中島克治氏の著書『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』のなかで、おすすめの一冊として推薦されていました。

小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌