生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスのかね
クリスマスのかねクリスマスのかね
(2009/10)
レイモンド・M・オールデン、竹下 文子
教育画劇
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
むかしむかし、とおいくにの あるまちに
おおきな きょうかいが ありました。
きょうかいは、まちのまんなかの おかのうえに
たっていました。まいしゅう にちようびになると、
おおぜいのひとたちが、ありのように れつをつくって
おかをのぼって おいのりにやってきました。

原作が牧師さんらしいお話です。真心や愛に勝る捧げ物はないのだと教えてくれます。クリスマスの美しい鐘の音はどんな音色なのでしょう。娘(当時小2)と想像して楽しみました。文章は長めです。

検索キーワード: クリスマス絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。