生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
ちか100かいだてのいえ
ちか100かいだてのいえちか100かいだてのいえ
(2009/11/11)
いわいとしお
偕成社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おふろが大好きなクウちゃんという
おんなのこがいました。
あるひのこと。
クウちゃんが おふろに はいっていると
きゅうに だれかのこえが きこえてきました。
「クウちゃん、わたしのいえの ちか100で
これからパーティーがあるの。
あそびにこない?」
「わあ、びっくりした!あなたはだあれ?」
「いえのいりぐちは
みずうみの むこうの かざんのふもとよ。
ぜったいきてね、まってるわ!」
そういうと、だれかさんは
おゆのなかに きえてしまいました。」

出版社より 対象年齢 3・4歳から

縦に開く画期的な人気絵本「100かいだてのいえ」の続編。今度の主人公は女の子。地球の下へ下へと目指します。地面の下には、いったいどんな生き物たちが住んでいるのでしょう? 丁寧に細かく描かれた土の中の家はどれも工夫が凝らされていて、開くたびに新しい発見がいっぱいです。

知らず知らずのうちに、100までの数字も身につく優れ物です。出てきた動物を思い出して順(あるいは逆)に言ってみたり、「○番目に出てきた動物は何かな?」「○は何色だったでしょう?」などクイズ形式にすれば、記憶力も鍛えられ、○番目と小1で勉強する算数にも触れることもできます。

こちらは、「100かいだてのいえ」「ちか100かいだてのいえ」の2冊が入ったギフトセット。特別仕様の箱付です。プレゼントに最適!!

ギフトセット100かいだてのいえ  

アマゾンで検索

楽天ブックスで検索
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌