生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あめふりあっくん
あめふりあっくんあめふりあっくん
(2009/02)
浜田 桂子
佼成出版社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
おひさまほいくえんの
あさです。
みんなは あそんでいるのに、
あっくんは いったい
どうしたのでしょう。

出版社より 対象年齢 3歳から

保育園の朝。お母さんが行ってしまってから、ずっと泣きっぱなしのあっくん。泣きっぷりがすごくて思わず苦笑いしてしまいました。泣いているお友だちを、子どもなりのやり方で、一生懸命励まそうとする幼子たち。子どもたちがとても生き生きしたいい表情をしています。

当時小2の娘が「もう1回読んで!」と言い、結局3回も読まされました!子どもの心を惹きつける良い絵本でした。

検索キーワード: 保育園 入園 あっくん(主人公の名前)
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。