生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
サークル・オブ・マジック―魔法の学校
サークル・オブ・マジック―魔法の学校サークル・オブ・マジック
―魔法の学校

(2002/11)
デブラ・ドイル、
ジェイムズ・D・マクドナルド
小学館
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
魔法使いマードック

「言ったろ?雨が降ってきそうだって」
ランドルは従兄のほうを振り向いた。ドーン城の中庭の、土をかぶった
敷石に、雨がぽつぽつと降りはじめている。ランドルは顔をしかめた。
一、二分もすれば、敷石の上はつるつるしたすべりやすい泥で
おおわれてしまうだろう。
「だけどパラモン卿は、ぜったい稽古を休んでもいいとは言わないよ。
どうせ来なきゃいけないなら、言われる前に来たほうがいいだろ?」
従兄のウォルターが、剣術の稽古用に立てられた、おおきな杭のほうへ
歩いていきながらこたえた。その杭は、大人の背丈ほどの高さの太い木
でできていて、ドーン城の騎士や騎士見習たちにより、あらゆる種類の
刀傷をつけられていた。

小学校高学年以上におすすめの冒険ファンタジー「サークル・オブ・マジックシリーズ」第1巻。息子は当時小4で夢中になって読みました。

中世の騎士の世界が舞台。騎士になるはずだった主人公の少年が、魔法使いの道に進み、さまざまな困難を乗り越えながら成長する姿を描いた作品。

半分手前くらいから、ものすごくおもしろくなってきます。それまでがまん、がまん!ページをめくるのがやめられなくて、家事ほったらかしで読みふけりました!

少年の純粋さ、勇気、優しい心に共感します。ただ、すごい仕打ちで(笑)ちょっとかわいそうになってしまいます。文章も登場人物も大人っぽい本でした。ぶ厚い本ですが、とても読みやすかったです。

検索キーワード: ファンタジー
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌