生後2週間から白黒絵本で読み聞かせを始め、何千冊と読み聞かせしてきました。絵本の読み聞かせは、選書が命です。優れた絵本との出合いは、美意識を育て、本物を見分ける力を養います。将来の骨太な読書力につながる良い絵本を集めました。ゆっくりお楽しみくださいね♪
よわいかみ つよいかたち
よわいかみ つよいかたち (かこ・さとし かがくの本)よわいかみ つよいかたち
(1988/09)
かこ さとし
童心社
商品詳細を見る

楽天ブックスで検索

【最初のぺージ】
いらなく なった はがきを 1まい、
それに はさみを もって きて ください。

出版社より 対象年齢 4・5歳~

かこさとし かがくの本かこさとし かがくの本」シリーズ(全10巻)は、子どもの身のまわりに起きる様ざまな出来事を通して、科学の基本を語りかけるシリーズ。小学生におすすめです。

はがきを切ったり、折ったりして、弱い紙でも形を工夫すると強くなることを、実験を通してわかりやすく教えてくれる絵本。力学の原理を楽しく教えてくれます。

工事現場の鉄の材料や橋などの建築物が描かれたぺージへつながっていくのを見て、鳥肌がたちました。今まで全く気づかなかったことを、子どもの絵本で教えてもらうなんて感激です。大人も勉強になります。

小学生のための読解力をつける魔法の本棚
この本は、麻布学園中・高校の国語の先生が「読書は好きなのに国語ができない謎」を解き明かし、家庭でできる国語力アップのための勉強法を公開した本です。この絵本が、低・中学年向けのおすすめ本としてリストアップされていました。「一枚の紙を切って折るだけなので、親子で楽しめます。実際の建築物(橋など)の構造とも関連づけてあるので、興味も広がることでしょう。」

検索キーワード: 科学絵本
スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌